« 遠回りのようで、予想以上の早い手応え 高橋大輔 | トップページ | トークショー【動画】 »

2012年1月11日 (水)

高橋大輔について

負けず嫌い

高橋大輔の負けず嫌いには、結構驚きました。

まだ、私は彼のことをよく知らないのだな~と。

そうか~前日のスポーツニュースを見て、、、

確かに若手が大きく取り上げられていたかもしれないね。

それで決めたとはね。

4回転決まったら、とっさに3回転って、、、凄いな。

4のあと一瞬、間があったみたいだし、自分でびっくりしたんだろうなあ。

しかし、面白い人です。ホントに興味深い。

彼も言うように、NHK杯は良かったけど、SPとFSがなかなかそろわないのが

もどかしいけれど、それもこの後の世界選手権にとってあるのかもしれない

と、思うのは楽観的な考えじゃないと思う。

彼のコツコツの努力の結果は、予想以上の早い手ごたえ、なのだから。

Takahashi111210

音楽

今さらながら彼の音感の良さには、まったく感心を通り越して、呆れるほどだ(笑)

FSは今季のプログラムが分からない時期にこんな曲を滑って欲しいな~と、

思っていたものとは、違いすぎて、意外さに驚きもした。

ブルース、、、あまり聞きなれないし好きじゃないな~とさえ思ったけれど、

今はどう?彼の滑りと共に聞くその曲は素晴らしく心地よい。

もちろんSPとEXもね。

時々、演技に感動しているのか、それとも好きな曲に感動しているのか分からなくなることってないかな?

だけど高橋にとって曲とはそんなものではない。

曲に踊らされてるのではなく、彼そのものが音楽なのだから。

彼によって、その曲の素晴らしさを知ることになる。

曲は手助けにはならない、、、、最初に感じたその印象は、想像や希望以上の結果になったことは、今は言うまでもないよね。

逆に、彼が曲を輝かせることになった。

25

バランス

素人の私が言うのもなんだけれど、、、

彼は身体バランス感覚のいい人なんあだなぁと思う。

正直なところ、卓球してるとこや始球式のボール投げてるところを見ると

運動神経抜群とは言えないようだ。

しかし、これがひとたび氷上に上った途端、水を得た魚のよう。

彼は雪の女王ならぬ、氷の王子。

氷上に佇む。。。ただそこにいるだけで、オーラを感じる人。

久々にピアソラを見たのだけれど

やっぱり美しい。繊細で儚げな美しさ。

そして今季のSPの妖しい美しさ。

楽しいこと。。。

すいません、話がずれました。

昨季までも、そのバランス感覚はすばらしかった、、、

しかし今季はより一層。。。たとえば足の角度(エッジ)が大きくとも美しい上半身を保っていられる。そして、あのくるくるしながら首を回したり。SPの片足上げのステップ。

その感覚がまた一段と素晴らしくなったのではないだろうか?

これもバレエを習っているおかげかな。。。(軸を感じるといってたかな)

その安定感のおかげで、上半身から顔の表情に余裕が出て、

一瞬一瞬の美しさもさらに素晴らしく、どこを切り取っても絵になる男。

995

ジャンプの素晴らしさも、そんな感覚が役立ってるのでは?

多少斜めに飛ぶジャンプを降りるときとかにね。

すくっと真上に飛ぶのも美しいけれど、斜めに飛ぶのも何だか好きだ。

なんでも好きなんだけどね。

34

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 遠回りのようで、予想以上の早い手応え 高橋大輔 | トップページ | トークショー【動画】 »

コメント

naoさん こんばんは!

>なんでも好きなんだけどね。
もう、naoさん、そのとおり!

>どこを切り取っても絵になる男。
そうそう!

PCに向かいひとりうなづいてる私です(笑)

ロクサーヌ騒動(笑)から古いのを見始めちゃいました。
Jスポでやっていた2010ワールド、
大輔クン、若い!
「Eye」いいです!ひたすらかっこいい!
ジャンプもディレイトで美しすぎる!
で、「道」もこれまた感動!

今年も最高だけど、前も最高!
またしばらく、動画めぐりが止まらない・・・困った!

naoさん、おはようございます。
本当に全日本のSPの4T-3Tは、アスリート高橋が出ましたね。彼は氷上で魅せるという部分が突出していて、素顔は謙虚な草食系青年で、忘れてしまいがちですが、根は負けず嫌いのアスリートなんですよね。全てはそこから始まっているのかなと改めて感じました。

ただあのブルースの最後のダラーンとした決めポーズ、あれだけでも普通の人はなかなか決まらないものなんですね。その上氷上であれだけ激しく動いて、どこを切り取っても絵になり且つ音楽ともピッタリ合っているというのは、やはりスポーツの枠を超えています。

例のロクサーヌ騒ぎで、またロクサーヌの動画を繰り返し見てしまいましたが、これは今季の音楽と違って思いっ切り盛り上がる曲ですが、曲に全然負けていない。曲を更にドラマティックに仕上げてしまう。どんな曲も大輔化してしまうんです。凄いですね。

tamaさん
こんばんは。
遅い時間にコメントありがとうございました。
動画めぐりですか?
なんだかんだ、すべてカッコいいのだ。よね。
私も過去の見たり、でも今のも好きだし、、、
困りますよ、まったく。

erdbeereさん
そうでした、アスリートなんですね。
あの負けず嫌い。好きですね~。氷上の彼は文句なく素敵だし、惚れるけど。。。(笑)
そんな素の高橋大輔も結構いいなと。見直した。

>ただあのブルースの最後のダラーンとした決めポーズ、あれだけでも普通の人はなかなか決まらないものなんですね。その上氷上であれだけ激しく動いて、どこを切り取っても絵になり且つ音楽ともピッタリ合っているというのは、やはりスポーツの枠を超えています。

>どんな曲も大輔化してしまうんです

まったく同感。さすがerdbeereさん、そうなんですよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53714142

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔について:

« 遠回りのようで、予想以上の早い手応え 高橋大輔 | トップページ | トークショー【動画】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ