« 錦織圭ベスト8【テニス】 | トップページ | 挑む 上【読売新聞】 »

2012年1月25日 (水)

22歳錦織、4強ならず【テニス】

残念でした。。。

今の世界の4強は、やたら強いと聞きます。

しかし、これからだよね。

 【メルボルン共同】テニスの日本男子エースで世界ランキング26位の錦織圭(22)=フリー=は25日、メルボルンで行われた四大大会第1戦の全豪オープンのシングルス準々決勝で第4シードのアンディ・マリー(英国)に3―6、3―6、1―6で敗れ、1968年にプロ選手出場を解禁したオープン化以降の四大大会で日本男子選手として初めての4強入りはならなかった。

錦織圭、快進撃止まる

マリーは1stサービスの入りが悪く、試合を通じての1stサービスの確率は44%と低調だったが、ラリーに入ってからの展開でも錦織に一打以上多く打たせる抜群の守備力と、追い込まれても質の高いボールを返して錦織に自由に打たせない。錦織は無理を強いられる形を度々作られ、それを最後まで覆せなかった。

また、マリーはサービスこそ低調だったが、リターンは好調で、特に錦織の2ndサービスはいいようにコントロールされ、前に入り込まれてのエースも数多く取られた。

しかし、スコアほどの一方的な惨敗ではない。マリーのウイナーが36本に対して、錦織も30本のウイナーを奪うなど、見所は数多く作った。最後の1本の精度を高めれば、次の対戦ではさらに肉薄もできるはずだ。
 
現在の男子ツアーで「4強」と呼ばれるのが、ノバク・ジョコビッチ(24歳、セルビア)、ラファエル・ナダル(25歳、スペイン)、ロジャー・フェデラー(30歳、スイス)、そしてこのマリーだが、この4人はほとんど例外的な強さを持つ選手。中でもマリーはパワーやスピードよりも、テクニックと戦術に秀でたタイプで、たとえ追い込まれていても、ラケットでボールに触りさえすれば、相手が返球しにくいボールを自在に作り出せる才能の持ち主だけに、カウンタープレーを武器とする錦織にとっては最も難しい相手だったはず。

しかし、それだけに学ぶことも多かっただろう。錦織の今後がさらに楽しみになってきた。

特集

http://www.jiji.com/jc/v2?id=20120122nishikori

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 錦織圭ベスト8【テニス】 | トップページ | 挑む 上【読売新聞】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 22歳錦織、4強ならず【テニス】:

« 錦織圭ベスト8【テニス】 | トップページ | 挑む 上【読売新聞】 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ