« GPシリーズ評論 スケート・カナダ編【コラム】 | トップページ | NHK杯 ペア ダンス 女子シングル 記事 談話 »

2011年11月11日 (金)

サッカー快勝

◆W杯アジア3次予選 タジキスタン0―4日本(11日・ドゥシャンベ セントラルスタジアム) C組1位の日本代表が岡崎の2発などで4点を挙げ、快勝した。

201111113361421n

◆日本の最終予選進出条件 この日の快勝で勝ち点10とした日本。現在、勝ち点7の2位・ウズベキスタンが午後10時(同)からの北朝鮮戦で勝てば、両チームの2位以上が確定。日本の最終予選進出が決まる。2試合を残して両国がともに勝ち点10となり、同3の北朝鮮、同0のタジキスタンが2チームに届かなくなるため。

 ザッケローニ日本代表監督「大事な勝利になった。中央アジアの選手はフィジカルが強く、ピッチ状態も有利ではなかった。アジアのアウェーは難しいが、タジキスタンから2試合で12点を取れた」

 長谷部誠主将「立ち上がりに危ないシーンが何回かあったが、ああいうところを集中していかないと、最終予選は難しい。それでも、自分たちのリズムでボールを回して点を取れた。1点で終わらず4点取れたのも大きい。アウエーで苦しい試合が続くが、日本の皆さんの応援をパワーに変えていく」

 岡崎慎司「決めるところにボールが来た。勝つことが一番のテーマだった。こういうグラウンドでも自分たちのサッカーができたし、勝てて良かった。アウエーはどんなチーム相手でも厳しい。もっと、いいチームにしていきたい」

 今野泰幸「(代表初得点は)最高にうれしい。たまたまボールが目の前にこぼれてきて、思い切り打ったら入った」

終了5分前に入った清武が個人的には、良かったような気がする。

バックパスばかりで、つまらなくなったところ(時間)に、前に素早いスルーパス、

4点目をアシスト。才能を感じます。

p>(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« GPシリーズ評論 スケート・カナダ編【コラム】 | トップページ | NHK杯 ペア ダンス 女子シングル 記事 談話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー快勝:

« GPシリーズ評論 スケート・カナダ編【コラム】 | トップページ | NHK杯 ペア ダンス 女子シングル 記事 談話 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ