« 高橋発見記念日 | トップページ | スポーツ 記事とコラム »

2011年11月 8日 (火)

荒川静香氏 振付師デビュー

トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香さん(29)が今季、振付師としてデビューした。

 11日に開幕するグランプリ(GP)シリーズのNHK杯に出場する石川翔子(21)(明大)のフリー曲「ミス・サイゴン」を手がけた。

 荒川さんは2年ほど前から、練習リンクが同じ石川から熱心な依頼を受けていたが、今季「自分が培ってきたものから何かを伝えられるなら」と快諾した。

 荒川さんがこだわったのは「競技者目線」。メンタル面に負担がかからないように、ジャンプ以外にもポイントを設けたり、シーズン終盤に演技が完成するのを見込んで、少し難しめの内容とした。編曲や音量調整まで全部を引き受ける本格的な作業だった。

 「ミス・サイゴン」は自身が中学生の頃に滑った経験がある。「まだ、表現するということをよく分かっていなかった時代に、自分がどう引き出していったか」を考えるきっかけとなった曲。振付師としても「練習するなかで、工夫したり、成長するきっかけをみつけてくれたら」という思いを込めた。

 身長1メートル66で手足も長く、現役時代の荒川さんをほうふつとさせる石川は「お手本で滑ってもらうだけでも勉強になる」と話し、「すてきなものを作ってもらったので、『あれが?』と言われないように練習していきたい」と、気を引き締める。

(読売新聞より)

これは楽しみですね。 どんどん日本から振付師が出てもらいたい。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 高橋発見記念日 | トップページ | スポーツ 記事とコラム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川静香氏 振付師デビュー:

« 高橋発見記念日 | トップページ | スポーツ 記事とコラム »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ