動画

お勧め

お勧め2

« 海外解説 追加 | トップページ | NHK杯フィギュア・談話 公式練習【動画】 »

2011年11月10日 (木)

NHK杯 公式練習 記事とコラム

フィギュア NHK杯前に公式練習

11日、札幌市で開幕するフィギュアスケートの国際大会、NHK杯に向けて、この大会が今シーズン初戦となる浅田真央選手などが公式練習を行い試合に備えました。

NHK杯は、世界各国で開かれる国際大会、グランプリシリーズの1つで、ことしは第4戦として11日から札幌市で開かれます。女子シングルには、この大会が、今シーズンの初戦となる浅田選手とカナダ大会で2位に入った鈴木明子選手、それに石川翔子選手が出場します。このうち浅田選手は、今シーズン取り組んでいるスケーティングのスピードアップに向けて入念に滑り込みを行いました。また、音楽に合わせた練習では、ジャンプを飛ばずに振り付けの確認をしていました。一方、男子シングルには、昨シーズンの世界選手権、銀メダリストでアメリカ大会3位の小塚崇彦選手、カナダ大会3位の高橋大輔選手、それに町田樹選手が出場します。小塚選手と高橋選手は、今シーズン、試合でまだ成功していない4回転ジャンプの練習を繰り返していました。大会は13日まで開かれ、11日は女子シングルのショートプログラムなどが行われます。

浅田、高橋らが公式練習 

NHK杯11日開幕  公式練習で調整する浅田真央=真駒内  フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は11日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。10日は公式練習があり、前世界女王の浅田真央(中京大)や、男子で優勝を争う高橋大輔(関大大学院)と小塚崇彦(トヨタ自動車)が会場のリンクの状態を確認した。  今季初戦となる浅田はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の失敗が続き、仕上がりに不安を残した。第1戦のスケートアメリカで3位の小塚、第2戦スケートカナダで3位だった高橋は、課題の4回転ジャンプで精彩を欠いた。  女子は11日、男子は12日にショートプログラム(SP)を実施する。

小塚崇彦と高橋大輔がNHK杯で激突!! 新旧の日本王者対決を制するのは? 【コラム】

Number Web 11月10日(木)18時59分配信

99

 今季のGPシリーズの男子シングルは、混戦の模様を示している。

 パトリック・チャンのスケートカナダ優勝、ジェレミー・アボットの中国杯優勝あたりは、まだ予想範囲内だった。

 だがスケートアメリカで優勝したミハル・ブレジナ、スケートカナダ2位のハビエル・フェルナンデス、中国杯3位のソン・ナンなど、よほど詳しいスケートファンではない限り、「それ、誰?」と聞きたくなるようなメダリストの顔ぶれとなった。

 そんな中で日本男子は、小塚崇彦スケートアメリカ3位、高橋大輔スケートカナダ3位、織田信成中国杯2位というスタートをきった。若手の羽生結弦は惜しいところで中国杯4位となったが、とりあえずトップ3人は全員表彰台にあがり面目は保った。

 これを「まあまあのスタート」と言うべきか。

「不調なスタート」と言うべきだろうか。

■目先の勝利よりも3月の世界選手権にかけるべきだが……。

 選手たちの実力、実績を考えるなら、これだけの選手が揃っていたのだから誰も優勝できなかったのは不調と言うべきだろう。

 だが誤解をおそれずに言うと、GPシリーズは絶対に勝たなくてはならない試合ではない。

 シーズンの最終目標は3月の世界選手権で、そこを目指して徐々に調整をしていけばいいのだ。

 2008年/2009年シーズン、エヴァン・ライサチェクはGPシリーズ2試合とも3位でGPファイナルに到達しなかった。その分、トレーニングに時間を費やして、3月に初の世界タイトルを勝ち取り、1年後には五輪で金を手にしたのである。

 小塚、高橋、織田の3人とも、過去に一度以上GP大会のタイトルは手にしている。今さら目先の勝利を追うよりも、シーズン全体を長期的に見て、調整をしていくほうが大切だ。

 とは言ってはみたものの、3試合でまだ一度も日本の選手が男女とも優勝していないのは物足りなく、気分的に盛り上がらないのもまた事実だ。

■NHK杯で小塚と高橋の新旧全日本王者対決が実現!

 11月11日からGPシリーズ第四戦、NHK杯が札幌で開催される。

 GPシリーズの中でもこの大会は、日本スケート連盟が必ず日本のエースを派遣する大切な牙城である。女子は過去9年間に7回、男子は過去6年間で5回、日本選手がタイトルをとってきた。

 この舞台でこそ、日本の選手に表彰台の中央に立ってほしいものだ。

 今シーズン、まだどの試合にも登場していなかった浅田真央が、この試合でシーズン初戦デビューする。佐藤信夫コーチに師事して2年目の彼女が、どのような滑りを見せてくれるのか楽しみだ。鈴木明子もトップ2位内に入賞すれば、GPファイナル進出が決まる。女子の表彰台はこの二人と、フィンランドのキーラ・コルピ、米国のアシュリー・ワグナーらの間で競われることだろう。

 だがこの試合のハイライトは、男子シングルの小塚崇彦と高橋大輔の新旧全日本チャンピオンの対決だろう。二人とも、GPファイナル進出がこの一戦にかかっているのである。

■優勝を逃せばファイナル進出は他選手の順位次第に。

 どちらかが前の試合で優勝していれば、NHK杯ではもう一人がタイトルをとり、二人とも楽々とGPファイナル進出という、日本にとって都合のよい筋書きも十分可能だった。ところがこの二人、それぞれのオープニングGP戦では、仲良くどちらも3位となってしまった。

 今の状況では、優勝を逃したほうの選手のファイナル進出は、他の選手の順位しだいという微妙な立場となる。

 もっとも順位はどちらも3位だったが、その内容はかなり違う。

 スケートアメリカでの小塚はSP、フリーともに4回転トウループに挑戦して転倒。総合212.09だった。

 一方スケートカナダに出場した高橋はSPでは4回転を回避して無難にまとめ、フリーでは4回転フリップに挑戦。回転が足らずにダウングレードを受けたものの、総合237.87とスケートアメリカの小塚よりも25以上高いポイントを獲得した。

 実を言えば、スケートアメリカで優勝したブレジナよりも、中国杯で優勝したアボットよりも、カナダで3位だった高橋のポイントは高かった。カナダでは男子トップ3人とも他の大会よりポイントが高かったのだ。

■4回転の成功率は小塚有利、表現力なら高橋に軍配が。

 大会によってジャッジの顔ぶれは違うし、出場する選手たちのできによってジャッジの出す点の勢いも微妙に変わってくる。だから、ではスケートアメリカに高橋が出ていたら優勝していたか、というと一概にそう決め付けることはできない。

 過去2シーズンの4回転の成功率は、小塚のほうが高い。NHK杯までに小塚が4回転を調整してSP、フリーとも着実に決めたなら、若い彼のほうが優位に立つだろう。今季は特に、ジャッジは4回転をきめた選手に気前よく点を出している。カナダのフェルナンデスも、中国のソン・ナンも、フリーでは4回転を二度跳んで初のGPメダルを手にしたのである。

 だが表現の部分の評価は、元世界王者である高橋のほうがまだかなり高い。フリーの5コンポーネンツでは、小塚はすべて7点台だが、高橋はすべて8点台を獲得し、およそ9ポイントの点差がある。この部分の評価は、大会ごとにそこまで急激に変わることはないので、小塚が高橋に立ち向かうためには、ジャンプでの失敗は許されないことになる。

■実力派のライバルたちが新旧の日本王者を追い上げる。

 今季の新プログラムを比べてみると、小塚のフリー、「ファンタジア・フォー・ナウシカ」は美しいピアノのメロディで、本人が好きで選んだというだけあり、音にのって端正に伸び伸びと滑っている。

 一方高橋の「ブルース・フォー・クルック」は、大人のスケーターでないと滑れない渋い選択である。本人はまだ模索中であるというが、滑り込んだらこれまでの高橋とは違った味わいのある作品になるはずだ。

 この二人のファイナル進出を賭けた戦い、さぞ見ごたえのある試合になることだろう。

 だが言い忘れてはならないのは、どちらかが優勝するという前提でずっと書いてきたものの、他にもライバルはいるということだ。

 元欧州王者のトマーシュ・ベルネルは、4回転と、高いスケーティング技術を兼ね備えた選手。試合の好不調が激しいが、潜在能力が高いだけに油断はできない。

 またダークホース的存在は、米国のブランドン・ムロズだろう。まだ無名の若手ながら、この夏、フィギュアスケート史上初の4回転ルッツを米国内の小さな試合で成功させ、ISUに正式に承認された。他の技術は未熟だが、ムロズがもし本番で4回転を2回以上成功させたら、表彰台に上がってくる可能性も十分にある。

 日本勢が気を引き締めて、良い戦いを見せてくれることを期待したい。

(「フィギュアスケート、氷上の華」田村明子 = 文)

お願い、頑張って。。。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 海外解説 追加 | トップページ | NHK杯フィギュア・談話 公式練習【動画】 »

コメント

夕方のローカルニュースで公式練習の様子を見ました。大ちゃんは4回転(たぶん、トーループ)で両足。でも、フリップも跳んでたような。回転はきれいで、ちょっぴり両足ぎみ。精彩を欠いた?ほんとかな。なんか、表情も良かった。ちょっと、バンクーバー前の髪型に似てたせいか、ワクワクしてきました!
 カナダの悔しさを晴らしたいんじゃないかな。
 どうか、良い演技ができますように!

pororimamaさん
おはようございます。
そうですか~!それは、大丈夫ですね、きっと。
談話でも、ファイナルに行きたいと、力強かったのでやる気十分ですし。。。
札幌行けないけど、こちらから祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53211047

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯 公式練習 記事とコラム:

« 海外解説 追加 | トップページ | NHK杯フィギュア・談話 公式練習【動画】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ