« 羽生君優勝! | トップページ | U-22日本がシリア下し首位【記事】 »

2011年11月27日 (日)

ファイナル出場者と記事

男子ポイント

http://www.isuresults.com/events/gp2011/gpsmen.htm

女子ポイント

http://www.isuresults.com/events/gp2011/gpsladies.htm

フィギュアスケートのGPシリーズは6戦を終え、日本勢は女子で浅田真央(中京大)と鈴木明子(邦和スポーツランド)、男子で高橋大輔(関大大学院)と羽生結弦(宮城・東北高)が、シリーズの上位6選手で争われるGPファイナルに出場することになった。
 ペアは高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が進出を決めている。ファイナルは12月9、10日にカナダのケベックで開催される。(共同)

小塚選手は、羽生君とポイントでは同点なんだけど、優勝がなかったからでしょうか?

255

【モスクワ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯で優勝した浅田真央(中京大)は27日、一夜明けた当地で会見し、「演技の出来はともかく、優勝は久しぶり。いい流れを自分のものにしたい」と振り返った。
 看板技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をショートプログラム、フリーともに回避したことについては、「挑戦しなくてはいけないときもある。レベルアップしなくてはいけないし、今の状態で満足しているわけではない」と話した。
 男子でGP初優勝を果たした16歳の羽生結弦(宮城・東北高)は「フリーの後半で頑張れたことに達成感がある。集中して滑り切れたのが大きな勝因だった」と充実感をにじませた。 

羽生君は、試合やアイスショーなどに、出来るだけ出て経験や試合慣れみたいな感覚をつかんでいったのではないでしょうか。どんなショーや試合でもすごく真剣で、一生懸命だな~と感心してました。恐るべし16歳。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 羽生君優勝! | トップページ | U-22日本がシリア下し首位【記事】 »

コメント

通りすがりに失礼します。

ファイナル進出のメンバーは、

順位ポイントの合計
  ↓
同ポイントの場合は最高順位
  ↓
同順位の場合は2大会の総得点の合計

で決まります。

ですからシリーズ2試合の成績が、2位(13P)+3位(11P)の小塚選手より、1位(15P)+4位(9P)の羽生選手の方がランキングが上になるんです。
ちょっとややこしいですよね。

ぷにぷにさん
疑問にお答え、ありがとうございました。
なるほど~分かりやすい説明ありがとうございます。
やはり、優勝ってのは大きいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイナル出場者と記事:

« 羽生君優勝! | トップページ | U-22日本がシリア下し首位【記事】 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ