« 大輔、4回転フリップに「感触いい」 | トップページ | サッカー快勝 »

2011年11月11日 (金)

GPシリーズ評論 スケート・カナダ編【コラム】

城田憲子の「フィギュアの世界」より

【男子】
現世界チャンピオンのパトリック・チャン(カナダ)、高橋大輔、アダム・リッポン(米国)に加え、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)がコーチを金妍兒のコーチだったブライアン・オーサーに変え今シーズン挑んでくる。ベテラン対若手新鋭の選手たちの挑戦も見逃がせないだろう。

 チャンはSPとフリーと共に、昨シーズンは世界歴代最高点をたたき出し2位に20点以上差をつけ圧勝した。今季はどんな戦法でどんなプログラム構成なのか楽しみにしていた。SPは昨シーズンのまま「Take Five」。4回転ジャンプをやるには安心なのかもしれない。序盤の4回転トーループ+3回転トーループを予定していたものが、ジャンプの前にバランスを崩し、4回転トーループで手をついてしまった。後半に3回転ルッツの後ろに3回転トーループを入れ、3つのジャンプ要素はクリアしたが…。トリプルアクセルがダブルアクセルになり、動きも今一つ、思いがけないミスの連続で、波に乗れない感じは否めず、いつもの高度な能力を発揮できずに、初戦のSPを終えた順位は3位と王者は出遅れた。迎えるフリーは「アランフェス協奏曲」、やはり、まだ初戦はぎこちない。初めの4回転トーループはリンクの端で転倒。しかしディフェンディング・チャンピオンはすごい。すぐに4回転トーループ+3回転トーループとトリプルアクセルを成功させた。スピンやステップなど個々の要素はレベル3が多く、能力的にはもっと良くなるはずだ。要素、要素の間のつなぎの流れが今一つだった。しかし、エッジの深さ、加速のシャープさは随所で見られた。5コンポーネントで稼いで、1位。総合1位で1戦目を終了した。表現力にもっと情感・感情ある演技をと本人が言っているので、まだまだ。アランフェスを演じ切るには時間がかかりそうだが、密度の濃いプログラムになるのも時間の問題だろう。スケーティングに天性を持つ彼、その素晴らしさを早く見たいし、もう一つ進化する彼を見守りたい。

 フェルナンデスはショートプログラムで今大会一人4回転を成功させた。右手を挙げ、4回転トーループを跳んだ。リズム、高さ、タイミングはとても良い。続く、3回転ルッツ+3回転トーループ、トリプルアクセルとジャンプも加点の対象だ。ステップ・シークエンスもレベルを上げるための片足のステップも入れ、今までとちょっと趣が違う感じ。コーチをニコライ・モロゾフからブライアン・オーサーに変えたせいだろうか? スピンの方はもう少し神経が必要かと感じたが、自己ベストを更新させ1位と好成績で通過した。一方フリーの曲は「オペラ・リゴレットより」で2種類の4回転に挑んだ。4回転トーループは手を付け減点、次の4回転サルコーはコントロールが効いていて、素晴らしい。トリプルアクセルで転倒、後半はジャンプミスが続いたが、昨年から比べたら格段の進歩で2位。総合2位でこれからの期待の星はオーサーとのコンビが良い方に進み、磨きがかかってくる事だろう。

 ボルトを抜いて身軽になった、高橋大輔はまだ調整中でエンジンはかかってないような状態で大会を迎える形になった。SPは確実性を求め、4回転なしの構成で臨んだ。彼の演技力を盛り上げる曲に選んだのが「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」音の緩急を自分のものにし、氷上を踊っていく。各要素を曲に合わせ、決めていく様子はさすが高橋と思わせたが、順位は2位で発進。ブルースのリズムで臨んだフリーの演技は4回転を入れなければと、4回転フリップに賭けた。右足をかばうためか? 調整中のためか? ダウングレード判定。右足の微妙なキャッチがまだ定かでない様子で4回転トーループには応じられないのだろう。高橋らしさをほんの少し見せただけで、無難にまとめ彼としては不本意な3位となった。焦ることはない、ソチ五輪に向かうならば焦らず、ゆっくりと長いスパンで4回転の確実性を増していけば良いのではないだろうか。フリー3位、総合3位で何とかGPファイナルに望みをつないだ。

 4回転時代に突入してきた男子陣、4回転が成功するかしないで、勝敗が決まるシーズンになりそうだ。

p>(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 大輔、4回転フリップに「感触いい」 | トップページ | サッカー快勝 »

コメント

naoさん、こんにちは。
やっぱり4回転の時代だなと思わされたカナダ大会、でも4回転だけでも駄目なんだよねと再確認した中国杯、NHK杯はどんな大会になるでしょうね。
などと冷静に観戦しようとしますが、無理無理、今からドキドキです。

私は4回転はまだそんなに焦らなくても、もちろん成功してくれたら最高ですが、せめて回りきってほしいけど、それより全ての3回転ジャンプを加点が付くきれいなものを降りて、プログラムの世界をより深めてほしいです。そうしたら結果はついてくるのでは・・・
もちろん優勝してGPFに行ってほしい。それは彼の試合を一つでも多くみたいですものね。

erdbeereさん
こんばんは。
今日は寒くて、、、PCに向かうのが遅くなりました。
erdbeereさんのご意見に、凄く同感です。
今季は、なんだか選手も見る方も大変な感じがするのは
私だけ?毎年、採点方法も変化して、また選手の調子とかも心配して。。。

>それは彼の試合を一つでも多くみたいですものね
そうそう、それです、結局のところ。
彼の素敵な滑りが見たい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53216062

この記事へのトラックバック一覧です: GPシリーズ評論 スケート・カナダ編【コラム】:

« 大輔、4回転フリップに「感触いい」 | トップページ | サッカー快勝 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ