動画

お勧め

お勧め2

« 高橋大輔 別アングル【音声差し替え】 | トップページ | 浅田が優勝【ニュース】 »

2011年11月26日 (土)

ショーで磨いた表現力=羽生、逆境でたくましく【記事】

【モスクワ時事】25日に当地で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯の男子ショートプログラムで、16歳の羽生結弦(宮城・東北高)が首位にわずか0.76点差の2位と好スタートを切った。
 冒頭の4回転トーループで両手をついたが、そこからが成長の証しだった。高難度ジャンプのミスは体と気持ちの双方で負担を強いられるが、「失敗は考えず、次のことを考えた」。3種類のスピンに加え、終盤のステップで初めて最高難度のレベル4。クラシック曲に乗せた演技は、ぶれなかった。
 芸術性を示す演技構成点で7点台後半の高得点を、ほぼそろえた。この採点にはジャッジの主観も反映される余地があるため、シニア2年目で顔が売れたことでの上積みは見込めるにせよ、合計点はシニアの国際大会で自身最高。「狙った点数に近かった」と喜んだ。
 表現力の向上は必然と言える。仙台のリンクが3月の大震災で被害を受け、練習不足を補うためにアイスショーへの出演を重ねた。実に60公演。振り付けや曲の習熟度は自然に深まっていった。
 逆転でGP初制覇となれば、自動的にファイナルへの初進出もかなう。「気を抜かず、4回転もイメージトレーニングで確認する」。大技も決めて、二つの「初」を引き寄せたい。(2011/11/26-06:04)

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 高橋大輔 別アングル【音声差し替え】 | トップページ | 浅田が優勝【ニュース】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53339192

この記事へのトラックバック一覧です: ショーで磨いた表現力=羽生、逆境でたくましく【記事】:

« 高橋大輔 別アングル【音声差し替え】 | トップページ | 浅田が優勝【ニュース】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ