動画

お勧め

お勧め2

« 高橋大輔 NHK杯 SP 少し感想 | トップページ | 高橋大輔 SP【動画】 »

2011年11月12日 (土)

NHK杯 記事

高橋首位、小塚2位=鈴木と浅田はフリー・NHK杯フィギュア

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯第2日は12日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子ショートプログラム(SP)は高橋大輔(関大大学院)が90.43点で首位に立った。小塚崇彦(トヨタ自動車)が79.77点の2位で続き、町田樹(関大)は5位。女子フリーにはSP首位の鈴木明子(邦和スポーツランド)、同3位の浅田真央(中京大)らが登場。
 ペアは高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が2位に入った。川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)がSP5位からフリーで逆転し、前週の中国杯に続いて優勝。
 アイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)は7組中の最下位。日系人兄妹のマイア・シブタニ、アレックス・シブタニ組(米国)が優勝した。 (2011/11/12-18:57)

高橋、圧巻の歴代3位=4回転封印で好演技-NHK杯フィギュア

 4回転ジャンプを封印しながら、高橋がSPで90.43点をマーク。世界歴代3位の高得点に会場がどよめいた。「4回転を入れていないし、百パーセントの演技ではなかったのでびっくり」。最高のスタートを切った。
 圧巻の演技だった。3種類のジャンプは質が高く、ステップは動作にメリハリを効かせた。苦手としていたスピンもスピード感が十分。七つの要素は全て出来栄え加点を受け、5項目で芸術性を表す演技構成点は、身のこなしと曲の解釈に9点台の評価。「全体的に丁寧に滑れた」。フランスで滑りを見直したり、新たにバレエを始めたりするなどの取り組みが、早くも成果として表れた。
 2位の小塚には10点以上の差。ブルースで踊るフリーは4回転ジャンプに挑むが、「他のジャンプもきちんと跳びたい。何が起こるか分からないが、余裕を生かしたい」。手応えは十分だ。(2011/11/12-19:38)

フィギュアス鈴木優勝、浅田2位=高橋は男子SP首位

ケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯第2日は12日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、女子でショートプログラム(SP)首位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が合計185.98点で優勝した。鈴木は2009年の中国杯以来2度目のGPシリーズ制覇。12月のGPファイナル(カナダ・ケベック市)進出を決めた。SP3位の浅田真央(中京大)は同184.19点で2位。この日のフリーでは浅田が1位、鈴木が2位となった。
 石川翔子(明大)は10人中最下位だった。
 男子SPでは高橋大輔(関大大学院)が世界歴代3位の90.43点をマークして首位。小塚崇彦(トヨタ自動車)が79.77点の2位で続き、町田樹(関大)は5位。
 ペアは高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が2位。川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)がSP5位からフリーで逆転し、前週の中国杯に続いて優勝した。 
◇鈴木明子の略歴
 鈴木 明子(すずき・あきこ) 東北福祉大出。07年ユニバーシアード冬季トリノ大会で優勝。GPシリーズ初出場の08年NHK杯で2位。09年の中国杯でGPシリーズ初優勝を果たした。10年バンクーバー五輪代表となり8位入賞。同年の世界選手権は11位。今年のGPシリーズ、スケートカナダで2位。邦和スポーツランド所属。160センチ。26歳。愛知県出身。(2011/11/12-21:22)

103

102

20111112at70b

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 高橋大輔 NHK杯 SP 少し感想 | トップページ | 高橋大輔 SP【動画】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53228262

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯 記事:

« 高橋大輔 NHK杯 SP 少し感想 | トップページ | 高橋大輔 SP【動画】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ