« NHK杯 みどころ/高橋大輔 | トップページ | 高橋大輔 家庭画報 »

2011年11月 3日 (木)

歌子先生の記事5

いよいよ最終回。

201111031726741n

http://hochi.yomiuri.co.jp/column/shirota/news/20111103-OHT1T00185.htm

また、印象的な言葉を抜き出しました。

「正直に言えば、バンクーバーで終わるつもりだったんですよ。」

「それなのに大輔が、続けるって言うから! でもね、私も好きなんですよ。たとえば試合の緊張感のようなものが。」

「『君が代』がいいんですよねえ。」

「実はあの人も、すごく壮大な夢を持ってるみたいなんですよ。」

「社会に出る前に、大きな目標を持って、目の前の小さな目標をクリアしながら前に進んで、周りの人に助けられつつ色々な経験をして。それをベースに強い人間になってほしい。」

「『学ぶのは、スケートだけじゃない―』。私も、ずっと思ってきたことです。」

いいコラムでしたね。終わってしまって残念です。

ところで、話は変わりますが、、、、

フィギュアスケートDays vol.13を立ち読みしました。

その中で気になる発言。

「歌詞付のロック」を近いうちに、やってみたい。

 

歌詞付きということは新しいEX?

何でもいいけど、見たい~それ、見たい!

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« NHK杯 みどころ/高橋大輔 | トップページ | 高橋大輔 家庭画報 »

コメント

Naoさん、こんにちは。
学ぶのはスケートだけではない、素晴らしい指導者ですね。高橋大輔が今あるのは、歌子先生がいたからこそという事を再確認したいい記事でした。
中村優君、要チェックですね。全日本Jrも見たいなあ。

歌詞付きのロック、見たい見たい!
まずはNHK杯のEXでアンコールのマンボを見たい(つまり優勝)ものです。どうせならグループマンボをまたやってくれないかなあ。小塚選手も鈴木選手もいるし、浅田選手が荒川さんのパートをやればなんてね。選手はそれどころではありませんよね。
皆さん頑張ってほしいです。

歌子先生と出会えて本当に良かった。人は出会うべき人には必ず出会うと言ったのは誰だったか・・・
 海外の選手は何人もコーチを変えることが少なくないですね。日本ではそれほど多くないのは選手とコーチの信頼関係を重視するからでしょうか。精神的な拠り所になってくれるのがひとつの理由なのでしょうか。歌子先生はそうした日本的なやり方だけではなく、自分よりすぐれた技術指導が必要と思えば、そこへ連れて行って教えてもらう、自分がサブになっても、選手のためにそういう方法を選んでいく。そこが、並はずれたところだと思いました。その根底にあるのは何が選手のためになるのかが最優先で、大きく育ってほしいという愛情なんですよね。コーチとして、メダリストを何人育てるか実績を積んで、世界的に有名になるなんてことは目標じゃないんですよね。
 何があっても歌子先生は自分のそばにいると信じているから、高橋大輔はどんな困難も乗り越えてこられた・・・

 テンションの高いExを今度はやりたいって言ってましたね!また、ひとつ楽しみが増えましたね!!

erdbeereさん
良さそうですよね、ロック。本人が滑りたがっているのだから間違いなく、かっこいい演技になりそう。夢に見そう。
>まずはNHK杯のEXでアンコールのマンボを見たい(つまり優勝)ものです
おお、なるほど!
グループマンボかぁ、見たいですね。。。
世界中の人に見てもらいたい。

pororimamaさん
いつもありがとうございます。

>根底にあるのは何が選手のためになるのかが最優先で、大きく育ってほしいという>愛情なんですよね
素晴らしい方ですよね。出会うべきして出会った、けれど、そのことに、私たちも感謝したいですね。

>テンションの高いExを今度はやりたい
はい、楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53154431

この記事へのトラックバック一覧です: 歌子先生の記事5:

« NHK杯 みどころ/高橋大輔 | トップページ | 高橋大輔 家庭画報 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ