« JOとCOI 高橋大輔 感想 | トップページ | 別世界【動画】 »

2011年10月 4日 (火)

舞台「スリル・ミー」

アトリエフォンティーヌ 夜 千穐楽

面白かったです、これ。

お返事もまだなのに、この時間にこんなブログ書いていてすいません。

今日の夜あたりから、調子が戻ってきました。

ほんとに、「ロミジュリ」あたりから、不調だったんです。まあ、そんなことはどうでもいいね。

これ、忘れない内に書かないと。。。

この劇は2人芝居で、ダブルキャストになっています。ダブルというのかな?

2組いて、交互に出演しているのです。

私は、名が知られている方たち、田代万里生、新納慎也の組を見ました。

新納慎也のちょっとファンだし、、、彼について話すと長くなる。

Photofor

小さな劇場で、「私」と「彼」という、2人によって演じられる舞台は、実に簡潔。

ピアノと空間、少しの小道具だけ。

そして「私」が刑務所の中で34年前の事件を振り返る形で、劇が進行していく。

この劇はミュージカルだ。曲はセリフを語るように歌われ違和感はないし、この歌によって

この心理劇の面白さが生まれ、気持ちの高揚感や切なさが伝わる。

彼らの歌の素晴らしさが、存分に発揮されて素晴らしい。

田代君は東京芸大出で、すでに大きな劇場で主役もして活躍しているし、

新納君は歌も素晴らしいし、いろいろな舞台でどんな役でもこなせる器用で、魅力的な人。彼の舞台でのオーラは凄い。ダンスだってすごく上手いのだが、残念ながら今回はその披露はなかった。

ストーリーも、ラストのどんでん返しが、ツボ。好きだなこのお芝居。

心を持っていかれました。

好評の為、再演が決定したということです。

多分、また見る。

千穐楽だったので、もう一組の松下洸平君と柿澤勇人君も舞台に登場してくれました。

若く、かわいい方たち。こちらも見てみたかったかも。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« JOとCOI 高橋大輔 感想 | トップページ | 別世界【動画】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/52903499

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「スリル・ミー」:

« JOとCOI 高橋大輔 感想 | トップページ | 別世界【動画】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ