動画

お勧め

お勧め2

« 黒と白 | トップページ | 歌子先生の記事4 »

2011年10月26日 (水)

コラムに思うこと

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/text/201110250001-spnavi.html

高橋ファンとしては、複雑なコラム。

今季の小塚選手はちょっと手ごわい相手になるでしょうね。

(もうなってるけど。。)

もちろん小塚選手には、頑張ってもらいたいと思うけど、、、

しかし、高橋大輔の表現力はもって生まれた天性のもの。

氷上での高橋のオーラ、演技力、表現力、それにしなやかな体の動き、指先の角度、

それにジャッジや観客への視線、ある時は流し目だったり、どや顔だったりの。

そこは到底、だれもかなわない。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 黒と白 | トップページ | 歌子先生の記事4 »

コメント

天性のもの・・・・どうでしょう?かなり見えないところで努力や研究をしていると思います。また、いろいろなものを見聞きしたり、教えを受けたりということに素直に反応すると思われる彼の性格みたいなものと吸収する力があるということも…(それを天性というのかも?)それと、表現力なるものは究極にはその人の人間性というかその人の感性そのものというか、それが訴えかける力を持って表現したいものがあるということなのじゃないかな?と思います。だから、本当は、評価しにくいものなのかな?とも思って観ています。
私も誰にもかなわないと思って観ていますが、なかなか評価されていないようなとおもうこともあります。特にPCSのINやCHなど。
表現力なんて後から付けたようなものでなく、なにもいわずただ滑るだけで、感動を呼び起こすスケーターに1番近い人だと思っています(これまでにも、何度かそういうスケートを見せてもらっていますけど、高橋選手には)
複雑なコラム・・・・・あまり、マスコミの言うことは誰のことでも信じないです。(特に3.11以降)

いつもTOPで居続けて欲しい。。。それが正直な気持ちです。
でも、何だか最近高橋君が充実した時間を過ごせているなら
それでいいよ~って心から思えるようになりました。
高橋君のスケートが好きだから。続けてくれてありがとうという気持ちでいっぱいです^^
お叱りを受けるかもしれませんが、高橋君にはまってから、
実は、他の方の演技見てないのです。あと3年これで行きますよ~
報道はあまり気にしないようにしてます!疲れちゃいますからね^^

とおりすがりさん
コメントありがとうございます。
確かに、彼は努力も沢山していますよね。表情のチェックとかコーチに聞いたり、
かっこよく見せるにはどうしたらいいのかを常に考えて演技していると思います。
しかし、それは頑張っても出来る人とできない人はいると思うのね。
彼は出来る。普段は普通の感じだけど、一旦氷上に立った時のオーラは
努力でそれが手に入るものだとは思えない。
同じプログラムを滑ったとしても、絶対に彼のようには滑れない。
それはもう感性とか、天性のものとか、そんな言い方になってしまうのです。
そこに評価とか点とかには、なりにくいのかもしれません。
しかし、彼を見る者すべてのものが、何か心に、何かが残るのではないだろうか、
と思うのです。
あまり、お返事にはなっていませんが、
多分、とおりすがりさんの高橋に対する思いとそんなに違いはないような
気がします。

kikiさん
コメントありがとうございます。
そうですね。私も高橋大輔だけ見れれば、満足です。
彼は、フュギュアスケートの枠の中にいるには、もったいないような気がするくらいです。
他の選手とは、まったく違う存在だと感じます。
彼が滑る限り応援します。
報道、、、彼もあのようなコラムが書かれるということは、
認められている証拠だなと、、、しかし、まだまだ、表現力では
高橋には、追いつけないと書いておきたかった。
そんなところです、すいません。

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
最近こちらのブログを読ませていただきました。芸術に造詣が深い記事が多くて勉強になりました。

はい、確かに小塚選手はてごわい相手だと思います。
ただ正直に言いまして、おそらく高橋選手がジャンプのミスを最小限に抑えることが出来れば上にいけるのではないかと思います。
そしてそのジャンプが現時点での高橋選手の一番の課題であるので大変だと思うのですが、逆にいうとジャンプだけが課題であるとも言えるので頑張って欲しいです。
コラム読みましたが、そんなに複雑な気持ちになる必要はないかなと思います。彼自身がやるべきことをやればきっと結果は付いてきます。
それが一番難しいのですがね…。
個人的な印象では遠くない将来、羽生選手がもっと怖い相手になっているのではないかと思っています。
パトリック・チャン選手がラスボスであることには変わりはありませんが。

茶さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
褒めてくださり、ありがとうございます。
最近はね、ちょっと遠慮気味に、小さくまとめようとしてしまって、
自分の記事に自信がない時なんですねぇ。
どこまでよんでくださったか分かりませんが、
書き始めたころの情熱が、すでに懐かしい気持ちがしています。
何だか、言い訳みたいですけど、、、、
茶さんがおっしゃるように小塚君には、まだ表現力はもちろん、勝負になったら
負けるものではないと思います。
kikiさんにも、そんなお返事をしたところです。

羽生君は、必ず次の日本のトップになるでしょうね。
そして、世界でもトップになるのではと思います。
だけど、私が心惹かれるのは、高橋大輔だけですけど。って、聞いてない?

私もこのコラム複雑。
小塚クンがどうの。大ちゃんがどうのと言う以前に、このコラムには意図的なもの感じてしまう。
最近の放送や報道って最初に希望的結論ありきでしょう。スポーツライターが書くのだったら、もう少し的を得たこと書けないのかしら。
小塚クンが客席や審判と目があったくらいで、こんなに持ち上げるなんて、ぶつぶつ……。
日本のエースを小塚クンにシフトさせようさせようとしている感じが見え見え。
心配なのは若い人材を育てたいという流れが、大ちゃんの競技人生を終わらせてしまうのではないかということ。彼の演技はショーではなく競技の中でずっと見続けていきたいから。
協会よ、マスコミよ、ファンを侮ってはいけない。
あ~ とりあえず、スケカナです。

もりすさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
あ~そこまでは、思わなかったけど、、、

>日本のエースを小塚クンにシフトさせようさせようとしている感じ
それは、ちょっと思いましたね。
いや、待って。まだ高橋には勝てないだろ~なぜにエース扱い?と。

>彼の演技はショーではなく競技の中でずっと見続けていきたいから
まったく!同感です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/53084721

この記事へのトラックバック一覧です: コラムに思うこと:

« 黒と白 | トップページ | 歌子先生の記事4 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ