« つぶやき6 | トップページ | 黒と白 »

2011年10月23日 (日)

スケートアメリカ 結果

小塚3位、村上は6位

 【オンタリオ(米カリフォルニア州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は22日、当地で行われ、男子は昨季の世界選手権銀メダルの小塚崇彦が合計212・09点で3位、村上大介は193・32点で6位だった。SP2位の小塚は、フリーのジャンプで2度転倒するなど精彩を欠いた。SP首位のミハル・ブレジナ(チェコ)が216・00点でGP初優勝。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« つぶやき6 | トップページ | 黒と白 »

コメント

naoさん、こんにちは。
朝帰りの娘を待ちつつ、ソファーに横になってテレ朝チャンネルで観てました。
初戦はやはり緊張するのですかね。ジャンプミスが多かったですね。。。
そのなかで、29歳のバンデレべレン選手、よかったです!彼は大ちゃんがジュニアグランプリファイナル優勝したとき、2位だったんですよね。 引退の噂もあったんですけど、やめないでよかったですね♪ ベテランが活躍は嬉しいです。  村上くんはSPがよかっただけに残念!  テン君が大きくなってるんでびっくり!  小塚氏は思ったより点数でましたね(ごめんなさい)  衣装・・・いつもあのスタイルですね~  もっと冒険してもいいのに・・・

それにしても席がガラッガラですね(汗)  アメリカでは人気競技ではないんですかね~
去年も空席が多かったけど、大ちゃんの時は歓声が凄かった!

アメリカの選手がたくさん出たのに、さみしいですね。。。

さて、いよいよですよ! 今回のように冷静に観れないですけど・・・決して欲はいいませんけど~   祈ってます!  

大ちゃん、がんばれ!

k.eさん
こんばんは。
朝帰りの、、、、
ベテランの活躍、うれしいですね。
小塚君は、ジャンプさえ決めれば高得点出ますね。
チャンのように。。。
衣装は相変わらず、ですね。もっと冒険すればいいのに。
フレンズのマンボがあんなに似合っていたのにね~。

ほんとに、客席ガラガラでしたね。もったいないな~と思いました。
アメリカの選手層も厚いのに、どうしてでしょうかね。

そうなんですよ、今回はちょっと他人事みたいに見てました、が
次はドキドキですね。

naoさん、こんにちは。
スケートアメリカ、やはりシーズン序盤はどの選手もプログラムをまとめるのに苦労しているようで、そんな中ブレジナ選手がSPの貯金で逃げ切った形でしたね。
やっぱりSPの4回転はリスクが高いですね。小塚選手は先を見据えての挑戦で、SPの結果は想定内だったようですが・・・
高橋選手はどうするのでしょうね?

SPに4回転をいれる場合、失敗することも想定してその場合、
3ルッツの所を必ずコンビネーションにする、3Aは4回転の失敗を引きずらず絶対成功させる、4回転は転倒してもいいから回りきる・・・この3つがほぼ確実にできる自信がなければ、無謀な挑戦ではと思ってしまいます。
コンビネーションジャンプが抜けてしまったら、表彰台はおろかFSの最終グループにも残れません。

高橋選手の新SP、3ルッツの直後にかっこいい振り付けがあって、あそこ好きなのですが、あれはひょっとして、ここがコンビネーションになることを想定しての2ndジャンプのための間かななんて思ってしまった・・・スケートカナダどうなるでしょうね?ドキドキです。

erdbeereさん
こんばんは、お返事遅くなりすいません。
今日のWeb記事に小塚選手のことが書いてありました。
ジャンプよりステッップや表現面の方にポイントを絞った試合であったから、この結果には、ある意味、満足といった感じのコメントがあって、これは高橋にとっては、うかうかしていられないと感じました。

erdbeereさんの高橋のプログラムに対する、考察は素晴らしく、
もう専門家のようです。
私も、ともかくジャンプの回転不足での減点や、そのコンビネーションの抜け
だけは、どうにか無いようにしてもらいたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケートアメリカ 結果:

« つぶやき6 | トップページ | 黒と白 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ