« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

スケートカナダ FS 記事と感想【動画】

高橋大輔3位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日、トロント近郊のミシソーガで男女とペアのフリーがあり、男子ショートプログラム(SP)2位の高橋大輔(関大大学院)は、フリーで153.21点の3位となり、合計237.87点の3位に終わった。優勝は、昨季の世界選手権王者で、SP3位から逆転したパトリック・チャン(カナダ)で253.74点。

T_apx201110300001

衣装少し変えたよね。

キラキラついている。。。

View1688222

 女子は鈴木明子(邦和スポーツランド)がSP4位、フリー1位の計172.26点で2位。14歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が177.38点でGPデビュー戦を初優勝で飾った。ペアで、高橋成美(木下工務店ク東京)、マービン・トラン(カナダ)組は4位だった

T_apx201110300004

(お借りしました)

選手談話

◇自信を持てない
 高橋大輔 全然満足のいく演技ではない。4回転にコンプレックスがあり、自信を持って試合に挑めていない。練習して確率を上げていくしかない。
◇誇りに思う
 パトリック・チャン 安定した演技ではなかったが、自分自身を誇りに思う。終わって心底ほっとしている。次はもっとスムーズに演じたい。
◇充実したフリー
 鈴木明子 楽しく、お客さんと一体になって滑ることができ、充実したフリーになった。小さなミスがたくさんあったので、もうちょっと得点は伸ばせたと思う。
◇目標切り替える
 長洲未来 大会前は自信があったが、とてもがっかりしている。5位では(GPファイナル出場は)無理。目標を世界選手権に切り替える。
◇すごく幸せ
 エリザベータ・トゥクタミシェワ すごく、すごく幸せ。感情を込めてうまく滑れた。演技を楽しむことができた。
◇まあまあの出来
 高橋成美 滑り出しは良かったが、途中で細かいミスが出てしまいレベルを落とした。全体的にはまあまあの出来だと思う。(時事)
(2011/10/30-11:35)

View1688226

ジャンプ以外は良かったのではないか。

最初のジャンプの失敗が、少し、後のジャンプに影響がでたのかな?

スピンはレベル4だったとか。素晴らしいね。

夜の放送で、もっとじっくり観たいと思います。

また、感想書き足したい。

それにしても、凄いのは エリザベータ・トゥクタミシェワ。

新潟で見たときも、この子はうまいとは思ったし、JOでも、素晴らしかったけど、

この試合では、さらに完璧で素晴らしい。

ジャンプが得意だそうだけど、あの柔らかな身体の動きは、ロシアが伝統を誇る

上品なバレエ的演技で、美しい。

この子より上位だった子がもう一人いたよね。

ソチに向けて、ロシアのこの世代が、強すぎる。

<夜放送後>

今、夜の放送を見終わったところ。

テレ朝のアナウンサーは、結構うるさい。

解説は、田村岳斗氏なのね。クールな佐野稔的解説。

男子の上位5人見たけど、皆それぞれジャンプミス続出。

リッポン君は、相変わらず綺麗なお顔。ギリシャ彫刻のよう。

テン君の振付ちょっといいかも。彼は踊れる方ね。

チャンの衣装は、彼にしてはいいけど、ズボンの赤ラインは好きじゃないな。

さて、高橋。今の段階では、これもしょうがないというか、、、

JOからはずっと進化して、流れもあるスケーティングは美しかった。

それにしても、やはりこの曲は難しいね。

他の選手の曲は、その曲の盛り上がりによって観客を盛り上げることが出来るじゃない。

しかし、このブルースはSPのあの静寂よりも拍手を拒むし、、、

もっとも、このプログラムには拍手など必要としていないのかもしれないが。。。

ともかく、この5人の中でも、異色を放つ作品だと思う。

また今季もフュギュアの世界を広げているのかもしれない、というのは大げさ?

焦らなくて、ゆっくりでいいけど、

4回転成功を含めたこのFSの完成形を、ぜひ見てみたい。

※鈴木明子さん、FS素晴らしかったです。2位おめでとうございます。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

続きを読む "スケートカナダ FS 記事と感想【動画】" »

2011年10月29日 (土)

ナビスコ杯 鹿島優勝

大迫が延長V弾!鹿島 9年ぶりナビスコ杯制覇

 ナビスコ杯決勝が29日、東京・国立競技場で行われ、鹿島が延長戦の末1―0で浦和を下し、9年ぶりで単独最多となる4度目の優勝を果たした。延長前半15分、FW大迫が右足で決勝ゴール。鹿島はクラブ15冠目のタイトルを獲得した。

 ペトロヴィッチ前監督に代わって20日に就任したばかりの浦和・堀監督は、1トップにエスクデロ・セルヒオ、中盤に梅崎、柏木、原口、山田直と若手のタレントを起用。鹿島は 大迫と興梠が2トップを組み、ルーキー柴崎も先発に名を連ねた。

 中盤を支配した鹿島が序盤から浦和ゴールに迫り、前半10分に興梠、同16分には大迫がシュートもゴールの枠を捉えられず。同25分には左サイドから野沢が無回転シュートを放ったがGK加藤が右手一本で防いだ。前半は0―0で終了した。

 流れを変えたい浦和だったが後半5分、立て続けに警告を受けた山田直が退場となる大誤算。直後、中盤からのボールに反応した梅崎が左サイドを抜け出し、チームを鼓舞するようなシュートを放ったがサイドネットを揺らした。

 10人の相手に対し猛然と攻め込む鹿島だったが、浦和GK加藤が好セーブを連発しゴールを奪えない。後半20分過ぎには大迫、野沢がシュートも、守護神の気迫に阻まれた。

 鹿島は同35分、DF青木が警告2回で退場。10人対10人の戦いとなったが両チームとも決定力を欠き、勝負は延長戦に持ち込まれた。

 延長前半15分、鹿島がついに均衡を破る。左サイドでボールを受けた興梠が冷静に逆サイドへラストパスを送ると、フリーの大迫が右足ダイレクトで蹴り込んで先制した。延長後半には柴崎がクロスバー直撃のシュートを放つなど、その後も鹿島が優位に試合を進め、1―0で勝利した。   

鹿島ファンの私にとって、今日は嬉しい日です。

p>(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スケートカナダ SP 記事と感想

70

高橋大輔がSP2位

【ミシソーガ(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日、トロント近郊のミシソーガで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で高橋大輔(関大大学院)は84・66点の2位につけた。GPで初の表彰台を狙う20歳のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が84・71点で首位に立ち、世界王者のパトリック・チャン(カナダ)は83・28点で3位とした。

2位!しかし、トップがチャンじゃないのか。。。。

72

ファイナル意識し安全策 高橋「悔しいが」4回転回避

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日、トロント近郊のミシソーガで開幕。男子ショートプログラム(SP)で高橋大輔(関大大学院)は84・66点の2位につけ、「良くもなく、悪くもなくという感じ」と繰り返した。

 冒頭に予定していた4回転―3回転の連続ジャンプを本番は3回転―3回転に変えた。前日の公式練習から踏み切りが安定せず、演技直前の6分間練習でも成功する気配を感じ取れなかったという。「ファイナルに行きたい気持ちがある。悔しいがまとめにいった」と安全策を選んだ。

 得点には「ある程度の評価を得られた」としながらも「もう少しできる部分が多々ある」と反省。自慢のステップで得点を伸ばせず、スピンの一つはレベル1と低い評価だった。

 フリーでは4回転を跳ぶと強調し「最後まで勢いを持ってやるのが課題」と気合を入れ直した。(共同)

高橋「ひと安心という感じ」

 SPで84・66点の2位につけた 高橋大輔のコメント。

 「4回転ジャンプをやりたくて(直前の)6分間練習まで粘ったが、うまくまとめようと思って3回転-3回転に変えた。100%は出し切れていない。ある程度の評価を得られた。ひと安心という感じ」。

View1681766
氷上じゃなくとも、かっこいい。

4回転回避か、、、フリーは頑張ってもらいたいけど。。。

<ここからは、見てからの感想。>

良かった。。。良かったよ~。安心しました。

新プログラムすっかり体になじんでいたのではないか。

ステップもメリハリが効いていて素敵だったし、

スピンが少しぶれたかな?(よく分からないけど)

ジャンプも4回転はなかったけれど、綺麗に決まったしね。

でも、4回転回避はインタビューで彼自身は少し残念そうだったのが印象的です。

まだ先は長いし、そう焦らなくても良いかもしれません。

しかし、相変わらずあの存在感の別格なこと。

日本人が多かったせいもあるだろうけど、彼の登場によって会場が華やぐ気がする。

音楽がかかり、彼の指先ひとつが動き始めるその瞬間まで、息をのむような感覚がある。

そして、彼の体すべてが曲と共に躍動すると、その会場にいる人すべてが引き込まれるのです。このプロは、拍手も拒む静寂がある。もちろん曲は聞こえるのだけれど。。。

グランプリファイナル優勝という目標に向かって、まずは一歩。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月28日 (金)

スケートカナダ 高橋大輔練習【動画】

(動画お借りしました)

ブログ左の高橋大輔動画も見てね。公開練習の動画あります。

(埋め込みできない動画です。)

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

高橋大輔 スケートカナダ関連記事

[フィギュア]大輔、現役続行は口が滑っちゃった…スケートカナダ

201110280543931n_2

 フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦・スケートカナダは28日、当地で開幕する。昨年のバンクーバー五輪で銅、トリノ世界選手権で金メダルを獲得した日本男子のエース・高橋大輔(25)=関大大学院=が大会を前にスポーツ報知のインタビューに応じ、燃え尽き症候群に陥ったことや、昨季限りでの引退も考えながら現役続行を決断した思いなどを明かした。

 世界王者として臨んだ昨季、高橋は主要大会のタイトルを逃した。

 「バンクーバー五輪で銅メダルが取れて、トリノ世界選手権でまさかの金メダルが取れて、やりきった感があった。たくさんの方にも褒めていただいて、甘えたままシーズンに入ってしまった」

 気持ちが浮つき、スケートに集中できない自分がいた。

 「試合に行ってもモチベーションが上がらなかったり、練習にもあんまり身が入らなかった。自分ではやってたつもりでも、今思うと全く身が入っていないし、内容の薄い練習しかしてなかった」

 バンクーバー後からつきまとう進退問題。昨季で引退も考えたが、今春の世界選手権でスケート靴のネジが外れるアクシデントで5位に終わり、このままでは終われないと再び闘志に火がついた。リンクを下りて初めてソチを目指すと明言した。

 「“現役を続ける”と言ったときは口が滑っちゃった感じだけど、(進退を)どうしようか悩んでた時期が長いので、そこで吹っ切れた。ソチ(五輪)に行けるかどうか僕の頑張り次第。行けると信じてやりたい」

 覚悟が固まった今季は新たな挑戦も始めた。

 「今季は土台をつくる年。本質の滑りから変えることに取り組んでいる。長光(歌子)先生も僕自身も、ここ何年か基礎のスケーティングに違和感を感じていた」

 8月に単身で渡仏し、アイスダンスの元世界王者らにスケーティングを習った。

 「定着するには1年以上かかると思うが、ちゃんとした基盤をつくっていきたい。ソチ五輪まで3年。コツコツやって、3年後に芽が出ればいい」

 3年前にじん帯断裂で手術した右膝のボルトも5月に抜いた。

 「スケートに影響はないが、気持ち的に完治した。今季はバレエも始めて、ストレッチも1~2時間している。体が硬いのがずっとコンプレックスだったが、少しずつ軟らかくなってきている」

 今季のフリーの曲はブルースに初挑戦。シーズン前半のGPシリーズで評価に注目が集まる。

 「今年は自分と違うイメージにしたいと伝えて、振付師に決めてもらった。脱力感の中に格好良さを出せるように。GPシリーズの目標はファイナル初優勝です」

 ◆GPシリーズ放送日程

 ▽スケートカナダ 29日午後2時~3時25分(男女SP)、30日深夜1時20分~3時20分(男女フリー)

 ▽中国杯 11月4日午後8時~9時54分(男女SP)、同5日午後6時58分~9時(男女フリー)
※いずれもテレビ朝日系列

高橋らが本番会場で最終調整

201110280541771n_2

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第2戦スケートカナダ(28日開幕・ミシソーガ) 27日は本番会場で公式練習が行われ、男子は今季のGPシリーズの初戦を迎える高橋大輔(関大大学院)が地元カナダの世界選手権覇者、パトリック・チャンらとともに最終調整した。

 高橋は28日のショートプログラム(SP)に最終10番目で出場する。「体調は問題ないし、新しい気持ちで臨めている。今後の課題をたくさん得られる場所になると思う」と話した。

 女子も28日のSPに向け、鈴木明子(邦和スポーツランド)や長洲未来(米国)らが練習した。

(以上、スポーツ報知から転載しました。)

そして、お友達からの情報です。

(ありがとう、eさん)

http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20111017&content_id=25694196&vkey=ice_news

icenetwork.comの記事です。

海外のインタビューは、興味深いです。

ほとんど、同じ情報が多いのですけど、

FOIについてのことを語っていて印象的でした。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月27日 (木)

高橋、カナダ到着【動画】

高橋大輔、カナダ到着の映像。

(すいません、お借りしました。)

51_2

高橋大輔のJOの映像をスローで見てみた。

やっぱり、この人の表情のつけ方は素晴らしい。

FSは、もっと無表情だと思っていたらとんでもないね。

またあの微笑が、、、スピンした後、ちらっと笑うでしょ。

このニヒルな微笑の素敵なこと。。。(上の写真の少し前ね)

またね、唇が片方に上ってちょっと悪っぽい。けだるく、そして、色っぽい。

おなじみの回りながらの首回しも、ジャッジにアピールの部分の演技も、もちろん素敵。

今季の高橋大輔の新プログラムには、決まったストーリーはないかもしれない。

しかし、彼の滑りそのものにストーリーを感じるし、イマジネーションが広がる。

さて、スケカナ。

高橋の体に馴染み、曲を味方につけた演技で、観客を虜にさせてもらいたい。

もちろん、私たちも。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月26日 (水)

歌子先生の記事4

今日は高橋大輔がカナダに入ったそうです。朝日テレビのアナウンサーがつぶやいていました。高橋の靴の入ったカバンがなかなか出てこなくて、焦ったとも。

しかし、無事にカナダ到着。いよいよですね。

そして、またこのコラム記事。

歌子先生の印象的な言葉を抜き出しました。

http://hochi.yomiuri.co.jp/column/shirota/news/20111026-OHT1T00141.htm

「私、バンクーバー五輪でも、正直に言えばステファンと大輔が一番だな、と思いました(笑)」

「もっと本当に素晴らしい、ルール度外視で人を感動させるようなスケーターに、これからの大輔には、なってほしいと思うんです」

「そんな存在で、いて欲しいですね。居続けて欲しいと思います。出てくるだけで、空気が変わるスケーターに」

「いい演技を見せるだけでなく、日本人の良さみたいなものも、スケートで世界に認めさせて欲しい。外国の選手が出来ないようなことも、日本人は見せてしまうよ、って。そんな所を見せてほしい。最近、外国の方からの感想を聞くことがあって、少しは大輔も認めてもらえてるんだなって。それはうれしいんですけれど。」

「この軽い靴でのジャンプが完成できれば、すごく良くなるんじゃないかな。26歳だから4回転が跳べない、なんてことも、絶対ないと思うんですよ」

「今年はソチ五輪までのロングパスだと思ってね。色々挑戦してる。それもソチまで続けるって決めたからできること。」

「バンクーバー五輪の時も、トリノ(世界選手権)で優勝した時も思ったんですけれど、日本の歴代の先輩たちがこうして作り上げてきてくれて、その上に大輔のメダルがあるんですよ。それは、絶対。」

もう、素敵な言葉ばかりで、全部になってしまいそう。

まだ続くのね。。。嬉しい。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コラムに思うこと

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/text/201110250001-spnavi.html

高橋ファンとしては、複雑なコラム。

今季の小塚選手はちょっと手ごわい相手になるでしょうね。

(もうなってるけど。。)

もちろん小塚選手には、頑張ってもらいたいと思うけど、、、

しかし、高橋大輔の表現力はもって生まれた天性のもの。

氷上での高橋のオーラ、演技力、表現力、それにしなやかな体の動き、指先の角度、

それにジャッジや観客への視線、ある時は流し目だったり、どや顔だったりの。

そこは到底、だれもかなわない。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月24日 (月)

黒と白

高橋大輔の魅力の一つは衣装だと思う。

それは曲のイメージを見た目でも伝えられてイマジネーションを膨らませる。

氷上に現れた時、その派手さに同じ日本人として、気恥ずかしく思ったりするが

高橋の場合、素晴らしく似合っていて驚く。

それは、宝塚を見るようで楽しかった(笑)ワクワクした。

試合であるのに、ひとつのショーを見ているようである。

しかし、今季の衣装は黒と白。

試合用は2つとも黒でEXは白。

(確かに黒の高橋は素敵だと書いたこともあるけれど、、)

SPは、華やかさも感じられて、あれはあれでショー的な感じはあるが。。。

FSとEXは、曲のイメージにもあっているのだけど、やはり自分の表現力だけで

勝負をしようとしているような気持ちもあるのではないか。。。

それは、華々しいクラシックバレエではなく、モダンやコンテンポラリィーのダンスに見るような、人間の身体だけで表現しようとする何も必要としないシンプルな衣装にも似ているのではないか、などと考えてみた。

曲のイメージをその身体だけで表現する、合体する、そこには何か人間の根本的(原始的)感情に訴えかけるような感覚がある。

22

昨季の派手な衣装とうってかわった黒と白。

マンボは自分の気持ちとずれが出たということだし、

今季は黒と白が彼の気持ちも表しているのかもしれない。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月23日 (日)

スケートアメリカ 結果

小塚3位、村上は6位

 【オンタリオ(米カリフォルニア州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は22日、当地で行われ、男子は昨季の世界選手権銀メダルの小塚崇彦が合計212・09点で3位、村上大介は193・32点で6位だった。SP2位の小塚は、フリーのジャンプで2度転倒するなど精彩を欠いた。SP首位のミハル・ブレジナ(チェコ)が216・00点でGP初優勝。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月22日 (土)

つぶやき6

いよいよ、グランプリシリーズ第1戦、スケートアメリカが始まりましたね。

ちょっと、小塚君、ジャンプが不調みたいです。アモディオもダメだったし、、、

1戦目は、難しいのかな。。。

10nhkm031

それにしても、ドキッとしたのは去年出場した高橋の映像が映った時。

BS朝日のオープニングで流れたのですけどね、、、なんだろう感慨深いというのかなぁ。

去年の今頃に、高橋大輔というスケーターを意識しだし、録画もしたという時期だったから?

まだ、これほどハマるとは思ってもいなかったような気はするけど(笑)

だからじゃないけど、今日は自分のブログを読み直してみた。

(彼について書きだしたのは、今年の4、5月頃だったのだけど、、、)

何だか文章的におかしなとこも多いけど、勢いはあったよね。

だんだんと高橋のことしか書かなくなってきたりしてね、頑張ってたなぁ。

(今も頑張ってますけどね。。。)

高橋への思いを書いて、

おかげさまでコメントも頂けて、たまに褒めてもらったりしたら

単純に頑張るからね。(幸せです。)

いまも頑張ってるけど、、、あの頃の気持ちを思い出した。

高橋大輔がこれほど、自分の中で大きな存在になってくるとは、まったく。

去年の「ブエノスアイレスの冬」は素敵だった。けど、あれはきっかけだった。

どこかのボタンが押された感じはしたけど。。。

後で動画検索で見た彼の過去の演技の凄さに驚いたのだった。

芝居のシーンでも好きなところを繰り返し見る時はあるけれど、

彼の演技は、ワンシーンどころではなく、まさに一つのお芝居かバレエの見た後のようだったから、心をわしずかみにされ、鳥肌が立つような感動を何度も繰り返してみたくなる。

そんな感じで、ファンになってほぼ一年がたとうとしているわけです。

20

そして来週はスケートカナダ。

今はどこで練習しているのでしょうか?

彼の気持ちが集中していていることだけを祈るような気持ちでいます。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スケートアメリカ SP

小塚が2位、村上は3位

【オンタリオ(米カリフォルニア州)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ今季第1戦、スケートアメリカは21日、当地で開幕して男子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季世界選手権銀メダリストの小塚祟彦(トヨタ自動車)は70.69点で2位となった。昨年のスケートアメリカ5位の村上大介(陽進堂)は70.67点で3位。ミハル・ブレジナ(チェコ)が79.08点で首位に立った。
 小塚は冒頭の4回転ジャンプで転倒するなどやや精彩を欠いた内容。村上は4回転ジャンプを決め、好演技を見せた。フリーは22日に行われる。
 女子は22日にSP、23日にフリーがあり、2月の冬季アジア大会2位の今井遥(東京・日本橋女学館高)が出場する。 (2011/10/22-12:44)

View1628683

フリーは、先のブログ記事「放送予定」に加え、

23日の「Get Sports」の中で放送するとのこと。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月21日 (金)

放送予定

スケートアメリカ(カリフォルニア州オンタリオ)

【男子】 小塚崇彦村上大介アモディオ | 【女子】 今井遥コストナーシズニー

【ペア】 サブチェンコ/ゾルコビー | 【アイスダンス】 デービス/ホワイト

10/22日(土) 11:00~12:35 テレ朝チャンネル 男子ショート
10/22日(土) 15:35~ BS朝日 男子ショート
10/23日(日) 03:30~05:25 テレ朝チャンネル 男子フリー
10/23日(日) 12:20~13:55 テレ朝チャンネル 女子ショート
10月23日(日) 15:20~ BS朝日 男子フリー
女子ショート
10/24日(月) 06:40~08:30 テレ朝チャンネル 女子フリー
10月24日(月) 18:00~ BS朝日 女子フリー

 

ケートカナダ(オンタリオ州ミシサガ)

【男子】 高橋大輔チャンテン | 【女子】 鈴木明子長洲未来レオノワ

  • 【ペア】 高橋/トラン | 【アイスダンス】 バーチュー/モイヤーペシャラ/ブルザ
  • 10/30日(日)

    13:00~ BS朝日 男子ショート
    女子ショート
    10月31日(月) 18:00~ BS朝日 男子フリー
    女子ショート
    11月1日(火) 18:00~ BS朝日 女子フリー

     

    NHK杯(札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

    【男子】 高橋大輔小塚崇彦ベルネル | 【女子】 浅田真央鈴木明子コルピ

    【ペア】 高橋/トラン川口/スミルノフ | 【アイスダンス】 シブタニ/シブタニ

    11/11日(金) 15:00~18:00 NHK BS1 アイスダンスショート
    ペアショート
    11月11日(金) 19:30~20:43 NHK総合 女子ショート
    11月12日(土) 12:00~15:50 NHK BS1 アイスダンスフリー
    ペアフリー
    11月12日(土) 16:30~18:00 NHK総合 男子ショート
    11月12日(土) 19:30~20:43 NHK総合 女子フリー
    11月13日(日) 13:05~14:55 NHK総合 男子フリー
    11月13日(日) 15:00~18:00 NHK BS1 エキシビション

     

    来週は高橋大輔が出場のスケートカナダ。

    お友達のSさんが現地に応援に行くとお聞きしました。凄いな~

    ここに来てくれてる方のなかにも行く方がいらっしゃるかもしれませんねぇ。

    そんな方は是非、感想をお聞きしたいです。

    行けない私(たち)は、テレビで応援します。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月20日 (木)

    歌子先生の記事3

    記事の続きです。

    201110209016591n

    http://hochi.yomiuri.co.jp/column/shirota/news/20111020-OHT1T00230.htm

    特に気になった言葉を抜き出しました。

    興味深いですね。

    「無駄な経験ってないんですね。本当に、一つもないんだと思う。あの最初のオリンピックを通ったから、この間のトリノの金もあった。5年前のあそこから、彼は本当に始まったんだと思います」

    「やっぱり去年は、本人の気持ちとマンボが合わなかったんですね。若手がどんどん4回転を跳んでいる、そんななかで自分も何とかした勝負したいのに、出来ない。どんどん気分が後ろ向きになっていく。そうなると朝の練習から、マンボなんてかけられませんから(笑)。あの気持ちの状態で、『ウッ!』とかやってられない」

    「今年の大輔のプログラム、すごいですよ。私、鳥肌が立ったもの」

    「それがこうして続けることに決めて、本人は苦しいかもしれない。でも、少なくともこの滑りを身につけられたんだから、続けてみた価値はあったよね、って」

    【デイリースポーツオンラインより転載】

    真央&大輔、今季は巻き返す!

     「フィギュア・GPS第1戦・スケートアメリカ」(21日開幕、オンタリオ)

     フィギュアスケートの2011~12年シーズンは21日からのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカで本格開幕する。世界女王の安藤美姫(トヨタ自動車)が欠場するGPは、ともに2連覇を逃した4月の世界選手権からの巻き返しを期す浅田真央(中京大)と高橋大輔(関大大学院)に注目が集まる。外国勢では、世界ジュニア選手権女王のアデリナ・ソトニコワら、シニアGPにデビューするロシア勢が台風の目になりそうだ。

    (2011年10月19日)

    いよいよ、開幕ですね。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月18日 (火)

    リスペクト

    世界体操2011が終わりました。

    最終日には、娘が、ボランティアの関係で打ち上げにも参加でき

    思ったよりきつい仕事だと嘆いていた仕事がすっかり帳消しになったようです。

    あの冨田(コーチ)とも写真を撮ってきて、もう羨ましい。。。

    内村君には近寄れなかったようですけどね。

    また内村の話題になってしまいますが、

    彼は、その冨田の時代の日本の優勝を見て感動した。と語りそれを目標にしていたようですが、今回は日本の団体優勝を逃し、すごく残念そうでした。

    彼は今、冨田を技術ではすでに越していて目標になる選手はいない、強いていうなら自分自身と言っている。

    あの若さで彼にはカリスマ的なものを感じるし、海外の選手からも目標とされる存在だ。

    リスペクト、そう言ってもいいのかも。

    高橋大輔も、そんな存在ではないのか、、、

    先のブログ記事の「マンボメドレー」ではジャッジもその演技の芸術性を認め、採点にも影響を与えている。

    日本の選手からはもちろん、海外の選手からも一目置かれる存在。

    彼の演技の芸術性は特別なもので、マネをしようとしても出来るものではない。

    それ以上に、氷上に立った時のその存在感、まとうオーラ、そして馨り立つ色気、 カリスマという言葉は、まさに彼のもの。

    私は、氷上に立つだけで、圧倒的存在感を感じ、その演技の間に放たれるオーラを 彼以外のスケーターには感じることが出来ない。

    スケーターだったら、その技術以上に手に入れたいものだろうが、 これは努力では、どうすることもできない、天性のものだと思う。

    そして、選手、ジャッジにもだが、 振付師だって彼にプログラムを作りたいのじゃないかな~

    ただし、その人が芸術家だったらね。 彼は素晴らしい素材だと思う。表現者だから。

    思った以上に、その作品が輝くことを知っているはず。

    ランビだって、自分の作品を彼に滑って欲しかったのだろうし、

    シェーリーンも、彼に振付けるのがホントに楽しそうだった。

    そして、男性なのにあの動きに驚いたと。

    彼のカリスマ性は、今も誰にも負けるものではない。

    今季の彼のすべてをそぎ落とし、その自分自身の演技だけで勝負をしようとする気概が素晴らしい。

    そこには、そぎ落としたらからこその、男らしい色気を感じる。

    彼は、多くの選手からリスペクトされるにふさわしい。

    そして、高橋大輔は自分の道をしっかり歩んでいる。

    追伸:また、高橋はロミジュリを見に行き、(今度は城田版)またすごく感動したとツイッターでつぶやいていました。その感性によって彼はさらに表現の幅を広げてくれるに違いない。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月15日 (土)

    オフィシャルガイドブック 感想

    感想を書くって言っておきながら、、、

    こんな遅くなってしまって、すいません。

    みなさんは、もう読んだり、どこかで聞いたりしてますよね。

    一応、簡単に。

    高橋と歌子先生が「基礎に立ち返りたい」という意見で一致したとのお話。

    それがリヨンの合宿やバレエを習うことになるわけですが、

    その「基礎に~」=クラシックやバレエ音楽じゃなく

    エキゾチック系やブルースとかの選曲になるところが、

    彼の只者ではないところ。

    自分を追い込んでるのかもしれませんね。もう無理ってところまで行ってみる。

    でも、それは彼にとってまた、自分を一回り大きくする。

    歌子先生も今年の彼はタンスに例えて高級に、容量も大きくなったと言っています。

    彼は、

    フリーが一番心配。

    「ブルース」はかなりのチャレンジです。

    あの色気を表現するのはかなり難しくて、アジア人の自分がいくらやっても、

    どうしようもないという感じがあるから。

    男っぽく、ちょっと色っぽくしないといけないし、

    でも曲の抑揚がそれほどないので、自分の演技を曲が助けてくれない。

    自分の演技で曲の印象がまったく変わってしまうプログラムなんです。

    そう、曲は助にはならない。けれど、逆に彼がこの曲を自分のものにしたと思った瞬間に

    曲は、彼と共にその存在感を示し、その曲がこんなに素晴らしかったのかと思うだろう。

    そして、それは、彼を輝かすに違いない。と思う。

    ブルース、、、、この憂鬱なという意味を持つ哀愁を帯びた曲は、アメリカの黒人から生まれた。

    確かにアジア人には難しいかもしれないが、、、、

    その曲の持つ独特なけだるさや、やるせなさを

    パスカーレは見事に振付けており、

    高橋の男っぽさと色気の演技を引き出している。

    もっと滑り込んで、曲と共に自然に体が動いてくれば、私もこのプロの見え方が違ってくるのではないかな。

    もっと苦しくなるような、やるせない男の色気を表現してもらいたい。

    その4分半の時間に、彼はひとりの男の人生をみせてくれるだろう。

    38

    そして、「基礎知識」のところ。

    ISUはよりフュギュアスケートのプログラムに芸術性を求め、より技術と芸術がバランスよく調和したスポーツとなることを求めているのだろう。

    昨シーズンを例にあげると、国際ジャッジの間で最も高く評価されたのは高橋大輔の「マンボメドレー」であったという。

    高橋大輔がこのプログラムでジャッジたちをもっとも驚かせた点は、演技、ステップのみならず、ジャンプのリズムに至るまで、マンボの動きに合わせて跳んでみせたということだった。

    多くの選手の場合ジャンプのテイクオフ時には音楽のリズムを無視し、自らの身体のリズムでこのエレメンツをこなすことになる。しかし、高橋大輔の場合、振付や衣装、ステップがマンボらしいものであっただけでなく、ジャンプの飛躍までもがきっちりマンボのリズムを刻んでいた。スピンに関しても一つひとつの音楽のフレーズに合わせてバリエーションを変え、ポジションを変え、音楽そのものをスピンで表現することに挑戦していた。それゆえ、「マンボ」は見る人を高揚させ、気分まで楽しくさせる、フュギュアスケートの枠を飛び出さんばかりの作品になったのである。ひとつリズムを崩せばガタガタとプログラムが崩れてしまう危険性があるほど、そのプログラミングが精緻だったこと。また高橋大輔がこの挑戦を意識的にやって見せたことなどが、ジャッジの間では大きな話題になったという。

    なんだか、誇らしく感じるのは私だけじゃないでしょう、ね。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    続きを読む "オフィシャルガイドブック 感想" »

    歌子先生の記事2

    今日、つづきが掲載されましたね。

    いやいや、興味深い。

    201110147923971n

    http://hochi.yomiuri.co.jp/column/shirota/news/20111014-OHT1T00226.htm

    高橋大輔の才能は、若いころから認められていたが、

    そこを伸ばしていこうとする歌子先生の努力。

    彼は、性格が優しすぎたのかな。というか、自分に自信がない人。

    ほんとは、素晴らしい才能を持っているし、周りからそういわれても

    自分では認められない、そんな感じなのではないだろうか。

    常に何かに劣等感を抱いている。

    そして、気持ちがすぐに演技に現れてしまう。

    「大輔は浮き沈みが激しい。もう、ジェットコースターみたいに上がったり下がったりじゃないですか」

    「大ちゃんの場合、特に謙虚すぎる性格だから。さらに心理的に持ち上げてくれる人も必要だったわけで…」

    ここで現れるニコライ。

    やはり、重要な時代でしたね、彼にとってこの時代は。

    「彼は、大輔に必要な人だったと思います。大輔も、『勝つ』ということに対して、真剣に向き合えるようになりましたから」

    そして「白鳥の湖」に彼に滑らせる、この出会いは必然のようにも思えます。

    「結果論ですけれど、その後、色々な振付師さんに違う雰囲気のプログラムを作ってもらえることになったんだから、それは良かったと思いたい」

    さて、次はカメレンゴ氏の登場らしい。楽しみです。

    すいません、自分の過去のブログ。。。

    http://naaaooo.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8d43.html

    も読んでみて。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月14日 (金)

    内村3連覇

    内村航平、世界選手権3連覇。

    いや、まったく危なげない演技。

    彼だけ別世界だった。完璧。

    体操の最近の採点方法は、詳しくはないが、、、

    鉄棒の演技など、どこにマイナス要素があるのだろうか?

    彼の体操はスポーツの枠を超えて、まさに魅せる演技。美しい体操。

    エレガンス賞も、その美しさが認められてのことだろうね。

    だって、すべてあのような力技が美しいく見えるなんてさ、

    可笑しなこと。

    しかし、すべては彼の練習のたまものだ。

    彼は天才だとは思うが、多分練習の天才かもしれない。

    追い込んだ練習は、その美しい形を、体に染み込ませ、

    彼を裏切ることはない。

    (動画お借りしました)

    だからね、高橋大輔にもそんな練習をと思うのだ。

    彼には、もっと自信が必要。EXがあれだけ素晴らしかったのは

    自信を持って滑ったからだと思う。

    もうすぐ、スケートカナダだよね。

    良い練習ができてることを願わずにいられない。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月13日 (木)

    全日本フュギュアのチケット

    第80回 全日本フィギュアスケート選手権大会

    開催日:12/23(金・祝)~12/25(日)
    開催地:なみはやドーム(大阪府)
    プレオーダー:10/13(木)12:00~10/17(月)18:00

    ALL JAPAN メダリスト・オン・アイス 2011 「フィギュアスケート・チームJAPAN」 壮行エキシビション

    開催日:12/26(月)
    開催地:なみはやドーム(大阪府)
    プレオーダー:10/13(木)12:00~10/17(月)18:00

    STARS on ICE JAPAN TOUR 2012 東京公演

    開催日:2012/1/14(土)~1/15(日)
    開催地:国立代々木競技場 第一体育館(東京都)
    プレイガイド最速プレオーダー:10/12(水)12:00~10/16(日)23:59

    皆様、見ますか~?

    全日本頑張ろうと思うのだけど、、、

    このSOIは、どうなんですかね?

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月12日 (水)

    世界体操2011 団体決勝

    東京体育館で世界体操2011男子団体決勝を見てきました。

    残念なことに、日本は銀メダル。

    中国に負けてしまったわけだけど、、、

    惜しかったなぁ。

    最後の鉄棒で田中佑典君と

    なんと内村航平君が落ちてしまった。。。

    彼にとって、鉄棒はあまり得意じゃないらしいが、

    戻ってつづけた彼の演技がまた素晴らしくて、

    高橋の時にも、思ったのだけど、あの空間だけ別世界のようでした。

    その体のラインの美しさ、

    (離れ技の度にヒヤってするけど)

    それによって演技が少しでもとどまることはない。

    そしてあの着地の完璧さ。

    彼も別格です。

    初めて体操を生で見ましたが、なかなか面白かったです。

    フュギュアは少し緊張するから疲れるし。。。(多分高橋のせいだ)

    スポーツ観戦って、やはり生がいいね。

    サッカーのナビスコカップとか行きたいなぁ。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    サッカーのこと

    (動画お借りしました)

    良い試合だった。というか、らしいね。

    見逃した~

    仕事後に急いで習い事に行ってたら、すっかり忘れてました、この試合、、、

    ガッカリだ。

    8ゴール。すべて素晴らしいゴールで嬉しい。

    香川の一点目が良かったな。

    いいよね、日本のパスサッカー。

    この後は、アウェーになるけど大丈夫でしょ。

    しかし、がっかりだよ~。

    気持ちいい試合は久しぶりじゃない。

    もし、もう一度放送があっても

    サッカーの試合って、結果が分かった後では、意味がない。

    リアルタイムで見なくてはねぇ。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月10日 (月)

    「第5回好きなスポーツ選手」

    今日の体育の日にちなんで発表された「第5回好きなスポーツ選手」です。

    http://career.oricon.co.jp/news/2002543/full/

    世界をも魅了するステップで男子フュギュア界を牽引する【高橋大輔】6位

    やはりサッカー選手が人気です。

    内村航平の名はないね~。しかし、昨日の体操見ました?

    素晴らしかったです。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    本を探す

    「フュギュアスケート2011‐2012シーズンオフュシャルガイドブック」を

    探した。本屋3軒回ったが見つからなかった。

    51yjkywz3yl__sl500_aa300_

    結局、アマゾンに注文した。

    高橋大輔に関する記事が載ってるそうじゃない。

    ここに来ている皆さんはもう読まれたのでしょうか?

    私も自分で読んで、自分の言葉で感想を書きたいと思ったのですけど。。。

    まだ、時間がかかるみたい。

    今のやさぐれた心に、潤いをもたらしてくれると思うのだ。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    新EXの振付

    新EXの振付は、宮本賢二先生だったのですね。

    それも、去年の振付だったとか。。。

    最近はツイッターでよくつぶやきますね、彼。

    ロミジュリの感動とか、死のダンサーの大貫 勇輔君のことがすごいやら、

    もっと早くバレエ始めていればよかった、などなど。

    ロミジュリと大貫君のこと過去のブログに書いてます。

    良かったら見てください。

    http://naaaooo.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-7bee.html

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月 9日 (日)

    お芝居やスポーツのこととか

    このチラシを見つけて、ちょっと引かかった。

    「有毒少年」。

    もらったチラシは、こんなおしゃれじゃなかったけどさ~

    写真がなくて、速報的なやつね。

    キューブでこれ見つけました。

    Yuudoku

    勘ていうか、、、

    昔見た「ダブリンの鐘つきカビ人間」(後藤ひろひと)的なテイストかも。。。

    と、感じるのだ。

    まあ、そんな感じでチケット予約してみた。

    新しいものを、発見するのは、勘が必要だ。外れる時もあるけれど、、、

    今回はどうかな?

    生の舞台は見逃すと二度と見ることが出来ないというのもあるからなぁ。

    外れた時のがっくり感もすごく大きかったり(これは値段に比例する)

    するのだけど、この趣味も捨てがたいのだ。

    そういえば、高橋がロミジュリに感動、もう一度みたいってツイッターにつぶやいていました。

    が、私は、そこまで感動しなかったなぁ。

    彼は感受性が豊かな方ですものね。

    今日は応援している鹿島アントラーズがナビスコカップの決勝進出を決めた。

    世界体操の女子は5位に入り、オリンピック出場を決め、

    夜に体操のTV放送があって、見逃せない。

    男子も頑張っている。内村の調子はどうかな?

    12日の団体決勝は会場で見ようと思っている。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月 8日 (土)

    高橋大輔 FS EX 曲

    自分で聞きたいので、、、

    38

    10

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    つぶやき5

    昨日はサッカー日本代表のキリンカップ、ベトナム戦でした。

    内容は全然だめな試合で、格下の相手に辛くも勝ったという試合だった。

    バカみたいな話だけど、

    最近は、自分のブログに囚われていてよくは見ていなかったのだけどね。

    なんだか、ダメですねこの状況。

    興味があることが多いのだけど、今は高橋、いやどうかな?

    自分のブログに囚われ気味だ。

    といっても、そんなに情報収集も早くないし、、、皆さんが何を求めてきてくれるのか。。。

    話を戻しますけど、サッカーを見ながらまた高橋のことを考える。

    サッカーは内容は悪くても、勝つか負けるかの勝負だから、

    そこははっきりしている。

    だけど、気分はあまりよくはないなぁ。昨日も少し、いらいらした。

    しかし、フュギュアスケートはどうかな?

    それが素晴らしい感動をもたらす演技だとしても、この採点競技は勝てなかったりするからね。

    私の場合、サッカーやその他、スポーツ競技が大好きだったりするけど

    勝ち負けがはっきりしている競技が多いし、勝敗が重要だ。

    11

    35

    先日のJOの負けにはがっかりした。

    しかし、高橋大輔の芸術性は感動的だった。

    特にEXなど、絶品ではないか。FSには滑り込んだ自信が必要だろう。

    採点競技には(特にフュギュアは)疑問がある。

    しかし、彼はそんなこと微塵も感じさせない挑戦をしている。採点者に媚を売らない

    選曲だし、演技だし。。。だけど、それで勝とうとしているのが素晴らしい。彼らしい。

    勝ってもらいたい。

    だけどさ、勝てなくとも、皆知ってるのじゃないか?

    彼が素晴らしいことを。

    世界の解説者や振付師や選手たち、観客は、知ってる。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月 7日 (金)

    歌子先生の記事

    前の記事へコメント入れてくれたMaruさんからの情報が、

    コメント欄ではもったいないので、ここに記しておこうと思います。

    情報ありがとうございます。

    201110066381351n

    http://hochi.yomiuri.co.jp/column/shirota/news/20110929-OHT1T00221.htm

    歌子先生と高橋大輔の出会い。

    歌子先生から見た高橋大輔。

    すごく面白くて、興奮しますねこの記事。

    これからつづくみたいだし、

    楽しみです。

    高橋大輔の謎が明かされる。。。みたいな。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月 5日 (水)

    高橋、髪を伸ばす

    さっき、高橋大輔のツイッターを読んだら、

    JOのこと書いていて。。。

    Untitled2_5

    Untitled1

    (後で消すかも、、、)

    と、イラスト付きのつぶやき。

    いいねぇこれ。分かるわ~

    さいたまに、また来てください。絶対。

    それでね、髪を伸ばすらしい!

    来たか、ロン毛。

    FSのイメージは絶対ロン毛でしょ。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    2011年10月 4日 (火)

    別世界【動画】

    (動画お借りしました。ありがとうございます)

    録画したのをくり返し見た。

    会場では分からなかった彼の表情。

    彼を見るのはやっぱり映像の方がいい。

    この表情、腕の動きのセクシーなこと。

    情熱的なプログラムを望んではいたが、

    このプログラムはBlues(憂鬱なこと)という

    ギターによって奏でられる、哀愁を帯びた旋律に

    乗って踊る彼は、内に秘めた情熱もしっかり表現している。

    ブルース、、、幅の広い彼のプログラムにも今までになかった。

    こうきたか~。。。確かに「賭け」かもしれない。

    しかし、これは別世界だ。

    他の誰とも違う空気を醸し出す。

    彼が氷上に立ち、けだるいスタートポージングをとる。

    流れる哀愁を帯びた曲がかかった時

    やるせない男の色気の演技、どこかの世界にいる男の人生を演じる彼によって

    我々は、別世界につれて行かれるのだ。

    確かに官能的ともとれるかもしれない、この男の色気は今までの分かりやすい表現ではなく、難解ではあるが、

    今後、彼が滑り込み、この曲を自分のものにした時、

    このプログラムは、今までの彼のもの以上に輝きを増すに違いない。

    これは、、、、美しい。 ほぼ完ぺき。

    最初の愛おしそうにほほに片手を持って行き、もう一方の手がその手に重なるところが

    なんだかゾクッときた。

    27

    これは、妄想してしまう。何を表現しているのだろうか?

    静かなスケートでありながら、しっとりとした色気を醸し出す。

    片手を上げながら、片足で滑るこのラストも好きだ。

    このポーズは少しバレエ的。キレイ。

    24

    新FSと新EXは、新たな高橋大輔の発見なのかもしれない。

    大人になった彼の自然な男の色気と哀愁。

    ソチを目標にした彼の本気のスケートを見ることが出来た。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    舞台「スリル・ミー」

    アトリエフォンティーヌ 夜 千穐楽

    面白かったです、これ。

    お返事もまだなのに、この時間にこんなブログ書いていてすいません。

    今日の夜あたりから、調子が戻ってきました。

    ほんとに、「ロミジュリ」あたりから、不調だったんです。まあ、そんなことはどうでもいいね。

    これ、忘れない内に書かないと。。。

    この劇は2人芝居で、ダブルキャストになっています。ダブルというのかな?

    2組いて、交互に出演しているのです。

    私は、名が知られている方たち、田代万里生、新納慎也の組を見ました。

    新納慎也のちょっとファンだし、、、彼について話すと長くなる。

    Photofor

    小さな劇場で、「私」と「彼」という、2人によって演じられる舞台は、実に簡潔。

    ピアノと空間、少しの小道具だけ。

    そして「私」が刑務所の中で34年前の事件を振り返る形で、劇が進行していく。

    この劇はミュージカルだ。曲はセリフを語るように歌われ違和感はないし、この歌によって

    この心理劇の面白さが生まれ、気持ちの高揚感や切なさが伝わる。

    彼らの歌の素晴らしさが、存分に発揮されて素晴らしい。

    田代君は東京芸大出で、すでに大きな劇場で主役もして活躍しているし、

    新納君は歌も素晴らしいし、いろいろな舞台でどんな役でもこなせる器用で、魅力的な人。彼の舞台でのオーラは凄い。ダンスだってすごく上手いのだが、残念ながら今回はその披露はなかった。

    ストーリーも、ラストのどんでん返しが、ツボ。好きだなこのお芝居。

    心を持っていかれました。

    好評の為、再演が決定したということです。

    多分、また見る。

    千穐楽だったので、もう一組の松下洸平君と柿澤勇人君も舞台に登場してくれました。

    若く、かわいい方たち。こちらも見てみたかったかも。

    (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    続きを読む "舞台「スリル・ミー」" »

    2011年10月 2日 (日)

    JOとCOI 高橋大輔 感想

    今年、一番楽しみにしていた日である。

    一日にして、高橋大輔の新FSと新EXが見れるのだ。

    まずJOで新FS。

    情報は前日に曲名が分かったみたいだけど、私は曲名だけではピンとこないし、

    まっさらな状態で見ました。

    男子フュギュアの6人中5番目に登場。

    まず、登場した時の衣装の地味さに驚く。

    作るのが間に合わなかったのか?黒のシャツに黒のズボン。

    ノクターンで着た衣装と同じ。。。。?

    スターティングポジションは、ちょっとけだるく後ろに重心を置く、彼にしては珍しいポーズだ。

    視線を少し下に下げるとすぐ曲がかかる。

    ブルース。ロック?これがあえて避けてきた曲調。賭け。

    これは確かに、、、そうかも。

    そう覚悟していても、滑りを見ると練習が足りないのか、、、迷いがあるのか。。。

    ミスが多く、そして、まだこの曲をつかみきれていない。

    淡々としたこの曲は、観客をつかみきれるのか?これは本当に「賭け」だろうな。

    全ては、彼の演技だけにかかってくるのだろう。曲の力はその合体如何だろう。

    彼の演技次第では、この曲がマイナスになるかもしれない。。。

    しかし、これから彼は滑り込んでこの曲を自分のものにした時、

    私たちを魅了するに違いない。

    そして、衣装変え希望。SPも黒だし、あれさえも地味と感じたのに、

    楽しみにしていたのに。。。

    このあと滑ったチャンは3回もジャンプで転んだにも関わらず

    あの高得点。分からない。

    ジャンプの回転が足りていたということらしいけど

    あの得点差はどういうこと?

    チャンの滑り、、、この課題は、私のような素人には難解過ぎる。

    「blues for klook」。皆様の情報で知りました。

    曲にも、情報にも疎くてすいません。

    それにしても、日本チーム、、、がっかりだよぉ。

    この時期はしょうがないのかもしれないが、プロとして(プロじゃないけど)

    頑張ろうよ!

    荒川さんの紹介で登場した羽生君の演技(昨季のSP)に感動した。

    9

    21

    ショーに相応しく華やかなオープニングから始まったCOI。

    新EX。

    また、地味な衣装にガッカリする。

    シャツを白に変えただけか?ええ??

    もう、華やかさがない。

    しかし、EXは良かった。

    好みから言うともっと情熱的なものが好きなのだけど。。。

    しっとりしていて、大人の感じ。

    今季はすべてのプログラムが大人の男っぽさを感じる。

    そして、うって変わってイキイキ、いや、しっとりした演技で、美しいジャンプを見せてくれた。(プレッシャーがなかったから?)

    彼は「夜の男」だ。夜にならないと実力が出ないに違いない。

    このEXのエンディングは、ランビみたいだと思った。

    片手を横にゆっくり上げてそのまま横に滑る、余韻を感じるラスト。

    美しい。

    24_2

    そして、素晴らしかったのは「ブラック・スワン」。

    彼女もJOの新FSはボロボロだったけど

    この演目は安定感があって美しい演技。いいよね「ブラック・スワン」。

    前のブログ記事にも書いたのだけど

    高橋にもこんな感じのを滑って欲しかった。

    ショーのエンディングは高橋がノリノリ過ぎて、逆に大丈夫かと。。。

    自主的にそれぞれのパホーマンスが楽しい。

    羽生君はいつも本気で4回転をしてくる。(新潟の時もそうだった)

    今日はうまく決まらず残念だった。しかし、彼の本気を感じる。

    今季、彼は手ごわい。

    昨日お会いした方、ありがとうございました。

    楽しかったです。

    また、ブログでよろしくお願いします。

     (気が向いたらクリックお願い)

    にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    « 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

    投票2

    • 音楽
    • 理由も教えてくださると嬉しい。

    投票

    • 投票
    2017年9月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    無料ブログはココログ