« フレンズ高橋大輔インタとマンボ【動画】 | トップページ | 舞台「髑髏城の七人」 »

2011年9月21日 (水)

サッカーのこと

久々にサッカーの話題。

注目していた宮市亮がアーセナルで公式戦デビューをしました。

 20日、カーリングカップ3回戦のシュルーズベリー戦が行われ、アーセナルの宮市亮が公式戦デビューを果たした。

 宮市は2-1で迎えた71分、パク・チュヨンに代わりピッチへ。自身が「夢」と語っていたエミレーツ・スタジアムでのプレーが実現した。

 その後、アーセナルはヨッシ・ベナユンが追加点を奪取。3-1でシュルーズベリーを下し、宮市はデビュー戦を勝利で飾ることとなった。(サッカーキングより)

13003_ext_03_0_2

インテル長友とノヴァーラ森本、日本人対決

20日、セリエA第4節のノヴァーラ対インテルが行われた。ノヴァーラの森本貴幸、インテルの長友佑都はともに先発出場。

 序盤からインテルはウェスレイ・スナイデルを中心にボールを回すが、前線での連係がとれず、効果的な攻撃を繰り出せない。左サイドに入った長友は持ち前の運動量でオーバーラップを繰り返すが、ディエゴ・フォルランとポジションが重なってしまう場面が多かった。

 逆にノヴァーラは38分、リッカルド・マッジョーニのゴールで先制に成功。前半をリードで折り返す。

 後半、インテルはフォルランらを下げてジャンパオロ・パッツィーニらを投入。長友は右サイドに回ると、開始早々にはカットインから左足で強烈なシュートを放つなど積極的にプレーした。

 しかし、ノヴァーラの守備陣を崩せずにいると、86分、効果的な動きを見せていた森本がスルーパスに抜け出し、アンドレア・ラノッキアに倒されてPKを獲得。このプレーでラノッキアは退場となった。森本が獲得したPKを、マルコ・リゴーニがしっかりと決めてノヴァーラは追加点を奪取。

 その後、インテルは長友のクロスのこぼれ球をエステバン・カンビアッソが決めて1点差に詰め寄るが、ロスタイムには森本の粘りが基点となり、最後は再びリゴーニが押し込んで試合に終止符を打った。(サッカーキングより)

13004_ext_05_0

インテルは、最近調子悪い。大丈夫か、長友。

先日はドルトムント香川真司に、ようやく待望のリーグ戦初ゴールが生まれたのは、嬉しい話題だった。

そして今日、日本代表U-22はロンドン五輪アジア最終予選初戦。

日本―マレーシア戦は21日、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで行われる。

13003_ext_03_0

 (気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« フレンズ高橋大輔インタとマンボ【動画】 | トップページ | 舞台「髑髏城の七人」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーのこと:

« フレンズ高橋大輔インタとマンボ【動画】 | トップページ | 舞台「髑髏城の七人」 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ