« ファンタジーオンアイス2011新潟 感想2 | トップページ | 高橋大輔 観戦記 »

2011年9月 5日 (月)

つぶやき2

今回の私の遠征は、確かに高橋の為。

しかし、生観戦はそれなりに楽しかったが、

この新プログラムに関しては、動画の方がいいのかなと思ってしまった。

新潟の会場は広いがそんなに遠くは感じなかったが、段のつき方が低いので

ちょっと見にくい。

それと重要なのはその方向。やはり正面でないとダメでしょ。

もっと大事なのが表情だ。何度も言ってるが、彼の表情がよく見れない場所では

生観戦の意味がない。

確かに臨場感は感じられるし、演出はそれなりに楽しめるけど。。。

それに今回のショーでまた確信してしまった。

高橋大輔だけだと。

ここまで感想を語ってなんだけど、、、彼にしか興味がない。

行ったことを後悔はしていないが、こんなことを感じたのも事実。

先の感想では、あのような漠然とした感想しか書けず、

歯がゆいが、、、

(同じことばかり言ってる、、、)

彼の演技は感じるものでしょ。理屈じゃなくて。

ぞくっとくる、エロい、妖艶、と、言葉を連ねても

ホントの心の奥底から感じられていない気がする。表情はいいと思うのに。

バチェの人ではない、たとえば情念のようなものを感じるプログラムは大好きなはず。

バレエのコンテンポラリーダンスも好きだ。

どうしたことだ?

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« ファンタジーオンアイス2011新潟 感想2 | トップページ | 高橋大輔 観戦記 »

コメント

naoさん、こんばんは。お疲れではありませんか?
naoさんはやっぱり芸術家タイプですね。感じる人。私は芸術的素養がないので理解しようとする。
前にもコメントしたのですが、私は彼が観客にわかりにくいものをやりたいと言っている意味がわからなかった。観客の反応は大事でしょ?あなたの得意分野でしょ?と。

今季のSP、生観戦した時はよくわからなかったのですが、映像を見て、的外れかもしれませんが、彼のやろうとしていることが何となくわかった気がしました。
例えばお芝居等の悲しい場面で、大声を出して泣き崩れる演技より、その悲劇を受け入れられずに無表情で立ちすくむような演技の方が、その悲しみの深さが伝わって来たりする。 
フィギュアではドラマチックな曲調で、曲の盛り上がりに合わせて見せ場を持って来るというのが、伝わりやすい見せ方ですが、あえてそれは排除する。悲しむ演技で涙という小道具を排除して、より悲しみが伝わるように、わかりやすい曲をやめてより深い世界観を表現しようとしているのかなと、まあ勝手に解釈したわけです。
それとこの曲、単調なようでいて微妙な抑揚があり、無表情で立ちすくんでいても、唇や指先が震えているような、そんな感じがある。 

naoさんがまだ感じきれないのは、好みの問題かもしれないし、彼がまだ演じきれていないからかもしれない。でもいいじゃない?こんな風に語れるスケーターが未だかつていましたか?このプログラムはまだまだ深みを増していくと思いますよ。

新SP、何を観客に伝えようとしているのか、それは、各々に委ねているのかも。皆同じではなくていいと思うのですが。敢て表情をおさえて、力強さと命のようなエネルギーをかんじました。また一つ忘れられないプロになる確信を得ました。(゚▽゚*)

こんばんは。はじめまして。いつも、本当にいつもnaoさんのブログを楽しみにしています。いつもはただ読むだけコメントなんてしたことがありません。でも初めてコメントします。私も少し高橋大輔について語りたかったので。。
今回のSP。私もnaoさんと同じくどこか物足りなさを感じています。どこか入り込めない壁みたいなものを感じるというか、ただエレメンツをこなしているだけに見えてしまって。ところどころに印象的な振り付けもありますがなぜかぶつ切りに見えてしまいます。なんでだろうと動画を見ながら思っていました。滑り込みが足りないというがそれだけで解消するのかとか。なにせ私もそれ相当の妄想族でしたので期待に期待しすぎて自分の期待とはどこか違ったのかもしれませんね。とても迷惑な話です。でも: erdbeere さんの言うように単純に好みの問題かもしれないそれでもいいじゃないか、こんなに語ってしまうスケーターはいない。という言葉を聞いてなぜだか涙がでました。私に言われてる気がして。。考えすぎているのかもしれませんね。往往にしてそういうところがあるので、私は。
今は滑り込んだのち手直しも含めて大きく変化してくるこのプログラムを楽しみにしたい、そういう気持ちです。

すいません。ぐたぐたと。でも本当に彼のスケートが大好きなんですよ。また抑えきれなくなったときコメントします。お付き合いください。

あっというまに終わってしまう。息をころして見てるからでしょうか。
私の貧相な想像力は不必要だった。
ただこの曲で大輔と一緒に踊りたくなりました。(誰も見たくないって?)

erdbeereさん
確かに、すべてerdbeereさんの言う通りだと思うのです。
前のブログ記事の時も、沢山のコメントをいただき頭では分かってるのだけど
自分が納得できない。
それは高橋に対するものではなく、
自分にです。
感じられないのが、おかしい、こんなはずではなかったと。
自分に失望している。
コメントで、みながこのプログラムを絶賛し解説するのを聞くたびに
まだ、そこまで語れない自分にがっかりしています。
ただ、まだこれから心で感じることが出来るのではないかとも期待しています。
ホントに彼には参る。

kimigatoさん
コメントありがとうございます。
そうですよね。感じ方はみな違って当然。

>力強さと命のようなエネルギーをかんじました
あ~それは言えてます。動きはしなやかなのに、力強いと感じます。ほんとにそう。
 
また、よろしくお願いします。

Kotoさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
初めてコメントするのは勇気がいるものですよね。
私のもどかしい記事に語りたくなるのは当然のことです。
それにerdbeereさんのうまい具合のコメントが入りますから(笑)

>考えすぎているのかもしれませんね。往往にしてそういうところがあるので、私は。
私もです。Kotoさんは私のようなタイプなんですよ、きっと。
妄想や気持ちが先走り、考え込む、悩む。
彼のプログラムが理解できない自分が許せない、と。

今後、このプログラムは変化し、素晴らしいものになるに違いない、、、ですよね。
私も楽しみたい。

また、語りたくなったら、いつでもどうぞ。毎日でも(笑)

ajaさん
確かにこのプログラムには想像力はいらないかも。
それはajaさんが、高橋と音楽が一体化していることが
心で感じられているからでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/52656143

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき2:

« ファンタジーオンアイス2011新潟 感想2 | トップページ | 高橋大輔 観戦記 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ