« 「Cutting Edge 2011 Plus」 | トップページ | 「女王の超然」 »

2011年7月25日 (月)

心ときめくもの

それは、もちろん高橋大輔。だけど今日はお芝居の紹介。

2head_2

なんて素敵な画像。

http://www.vi-shinkansen.co.jp/ こちらがホームページ。

先日、一般発売でなんとかチケットゲットしました。良かったぁぁ、取れて。

もう、どこの席でもいいから見なくてはと思っていました。

この演目は、私の一番好きな「アオドクロ」のもとになったお話。素晴らしい美意識を感じるお芝居です。ただ、役者がやたら若返って、ちょっと心配。

でも、楽しみ。。。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

1日5分でお肌プルップル♪美顔器980円?

« 「Cutting Edge 2011 Plus」 | トップページ | 「女王の超然」 »

コメント

nao様 こんばんは。
先日は丁寧なレスをありがとうございました。お礼が遅くなって申し訳ございません。お言葉に甘えてまたおじゃまさせて頂きました。
実は、私がこちらにコメントをしようと思ったのは、大輔君のことももちろんですが、nao様が劇団☆新感線のファンだと知ったことも一因なのですよ!
かくいう私も最近の作品はだいたい観劇しております。
今一番エネルギッシュで大人が楽しめる演劇は、断然「新感線」ですよね!
もちろん髑髏城の七人にも参ります。
実は大輔君にも「絶対面白いから観て!」と『阿修羅城の瞳』のDVDをプレゼントしたことがあるのです。
私の中の新感線と大輔君のつながりはと言えば、次回公演に客演する早乙女太一さんなのです。『蛮幽記』に出演した早乙女さんの”舞うような殺陣”を拝見した時、堅いはずの刀がしなって見えて”凄い!”と感動したんですね。
「堅いはずの刀がしなって見えるのと、身体が堅くてもあれだけしなやかに見える大輔君の動きには共通するものがあるわ!」と自分の中で(勝手に)妙にガテンがいったのでした(笑)
ですから、今回早乙女さんの出演をとても楽しみにしています。
バレエやお芝居観賞も趣味ですので、他にもお話が合うところがあるかもしれませんね。
あと、「ポーの一族」談義もイケますよ!
これ以上はここにいらっしゃる他の方たちを置いてきぼりにしてしまうかもしれませんので、もしよろしかったら個人的にご連絡をいただけば大変光栄です。

サファイアさん
こんばんは。ふたたびコメントありがとうございます。
そうですか、新感線ファンとは嬉しいです。
早乙女太一君の殺陣は素晴らしかったですね。
今回も素敵な役なので楽しみです。

それでは、今度メールさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/52305537

この記事へのトラックバック一覧です: 心ときめくもの:

« 「Cutting Edge 2011 Plus」 | トップページ | 「女王の超然」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ