« 妄想と想像 | トップページ | なでしこジャパン »

2011年7月13日 (水)

待つということ

毎日毎日、よくもまあ、暑い日が続きますね。ちょっと、夏バテ気味です。

昨日はとうとうブログの更新をお休みしてしまいました。

まあ、今日もそんな大そうなテーマをもって書くこともないのですが、、、

先ほど、とうとう高橋大輔の本、2冊目を手に入れました。ちょっとした自分の葛藤があったのですが、好奇心みたいなのと、みなさんにお勧めされてかな。

「Soul Up Exhibition」。まだ、全然読んでないので、今度感想など書いてみたいと思います。

この前、 JAPAN OPEN 2011のチケットを買ったのです。が、それはちょっと感慨い、、、(と言っては大げさですけど)

これ去年も同じさいたまスーパーアリーナであったのですよね。いつも10月初めにあるの?

私が高橋大輔に興味を持ったのが、10月末の NHK杯だった。

あともう少し早く彼を見つけていれば、アリーナで彼を見れたのか~と思ったら、とても悔やまれて、、、(チケットが取れなかったのかもしれないが)

なんといっても、さいたまアリーナは家から本当に近いのだ。

ちなみに今日もアリーナそばのイトーヨーカドーに行ってきたとこ。

彼がこの地に来たんだな~などと思ったりする。

そして、今年は一年越しで念願がかなうこととなる。嬉しい。

すいません、つまらないことを長々と、、、

それにしても、ファン歴が短い私は、初めてのオフシーズンですが、待ちどおしいにも程がありますね。長くファンの方は、毎年こんな感じで待つのでしょうか?

待つということは、楽しみでもあるけど、正直なところ今は心の喪失感を感じる。

ああ、でもそれはほんの短い間だけ。

今ちょっと、、、、引退されたら、どんな喪失感なんだろうってふっと、考えてしまった。。。こわ。

それは、まだまだ先のこと。

こんなバチェラレット見つけました。(動画お借りします。)

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

1日5分でお肌プルップル♪美顔器980円?

« 妄想と想像 | トップページ | なでしこジャパン »

コメント

おはようございます。本当に待ち遠しいです。今年は特に手術があってアイスショーの出演も少なかったので余計に寂しいです。8月末のフレンズ・オン・アイスで先ず新SPかEXを披露してシーズン復帰ではないかと期待しています。チケットもとれたし!JOも昨年より良い席なので指折り数える毎日。昨年素晴らしい4回転を目の前にして会場の大歓声に包まれてうれしかったのを思い出します。ただ、シーズン最初のFSなので、お披露目程度に考えておいてくださいね。このプログラムがシーズンを通してどんなふうに変わっていくのか、その第一歩に自分は立ち会ったんだなあと私は思うようにしています。昨年以上に準備期間も短かったのに良く出場してくれると、正直驚きましたし。それだけ、今シ-ズンに向ける思いもあるかもしれませんね。なんにせよ、はやく、大ちゃんが見たい!!

おはようございます。naoさんもすでに立派なダイスケ欠乏症になっているようですね。私は以前はそれほどオフシーズンに彼の情報を追ったり、新プロを妄想したりはしてませんでした。きっと去年のテレビの露出が多すぎて、満たされていたたため、今年はその反動で、早く知りたい、早く見たいと思ってしまうのかもしれません。
ちなみにJOが10月のシーズン初めになったのは、2009年からだったと思います。それまではシーズン終わりの4月ぐらいにやっていました。場所はずっとたまアリだったような?私も去年に引き続きFOIとJOには行きます。きっと来月頃にはボチボチ新プロの情報も流れてくるでしょうね。楽しみに待ちたいと思います。

pororimamaさん
こんばんは。アドバイスをありがとうございます。
まず8月末のフレンズ・オン・アイスですか。楽しみですね。
これはTVの放送はあるのでしょうか?

>昨年素晴らしい4回転を目の前にして会場の大歓声に包まれてうれしかった
あらら、羨ましいです。
今年のJO、楽しみです。早くみたいですね。

kama-shoさん
こんばんは。

>ダイスケ欠乏症
ああ、そういう感じなんでしょうね、確かに。
何か足りない感覚。いつもはあんなにテレビでは放送されないのでしょうか。
2009からでしたか、、、ともかくあんなに近いところで毎年やっていたとは。。。
あの会場は、近くて見やすいのでしょうか?一応SS席なんですけどね、台湾は観にくかったですよ、遠くて。

そうですね、楽しみに待ちましょう。

naoさん
初めてコメントさせて頂きます。サファイアと申します。
昨年のNHK杯で大輔君の魅力に気づいてしまわれたのですね。
さもありなんです。昨年最初の大きな国際試合で、クワドもクリーンに入った上に大人の表現力、、もう今シーズンは大輔一人旅かも、と思われたスタートでしたもの。
その後ああいう展開が待っていようとは。
と、こんな風に毎年を過ごして、かれこれ10年経ちました。
本当に「待つこと」の苦しさを体験したのは、2008-09シーズンです。
2008年6月のDOIで披露した痛々しい程研ぎすまされた”eye”。
2008-9シーズンたったひとつだけ放映されたこの”eye"を残して、彼は1年余り氷上から姿を消してしまいました。
ワンシーズン一映像なんて地獄のような苦しみでした。
この”eye"を1000回以上再生したファンは、おそらくわたしだけではないはずです。
待って待って待って、氷上の彼の滑りを、ジャンプをスピンを観た時は、なんとも言えない安堵感を覚えました。
今彼は、「あの頃」のように先の見えない不安の中にいるわけでも無く、秋からのシーズンを迎えるべく準備を楽しそうに進めているところです。
ポロポロ入ってくる情報を楽しんでいるうちに、暑い夏も過ぎて、新シーズンはあっという間にやってきますよ。
新シーズン、「大ちゃんジェットコースター」に乗るためにnaoさんも夏の間心臓を鍛えておいてくださいね。
最初から長くなりましたね。また遊びに来させて頂けますか。
よろしくお願いいたします。

サファイアさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですか、10年ですか~いいですねぇ。

>本当に「待つこと」の苦しさを体験したのは、2008-09シーズンです。
そういえば、そうでしたね。この一年半は長かったでしょうね。
直前にあの「eye」を残されては、苦しかったでしょう。
1000回ですか、、、私などまだまだ修行が足りない。
それに比べると、今は待つということを語るには甘いのかもしれませんね。
ジェットコースターですか、、、それも楽しみです。

もちろんです。このようなブログで良ければ、また遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/52199311

この記事へのトラックバック一覧です: 待つということ:

« 妄想と想像 | トップページ | なでしこジャパン »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ