動画

お勧め

お勧め2

« 伝説は悲劇に彩られ | トップページ | 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 »

2011年6月 9日 (木)

新プログラム

大輔、新プログラムにクラシック採用も…

 フィギュアスケート前世界王者の高橋大輔(25)=関大大学院=が8日、新プログラムで4季ぶりにクラシック音楽を採用する可能性を明かした。最近はマンボやヒップホップなど、様々な曲調で表現力を広げた。「まだ振付師も誰にするか迷ってますが、ファンの方から『久々にクラシックで見たい』という声も多く、これから考えたい」。4月の世界選手権(ロシア)は5位と低迷。正式採用すれば、原点回帰と言える正統派プログラムで復活を目指す。

スポーツ報知より

そろそろこんな話題が出るようになりましたね。

皆さんはどう思いますか?

私の好みから言うと、クラシックはなんだか物足りない気がしますけど。。。

彼のいつも驚かせてくれるプログラムは、クラシック以外だったと思うし

斬新さや面白さも欠けるのではないか心配です。

でも、何の曲であれ高橋が滑ったら、他の選手とは同じにはなりっこないけれど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

« 伝説は悲劇に彩られ | トップページ | 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 »

コメント

こんばんは。

高橋のこれまでのクラシックというとシニアに移ってからはモロゾフ時代のラフマニノフ(フリー)とバイオリン協奏曲(SP)。
二つとも高橋にはよく合っていた(音楽に同調していた)っけ。、彼の滑りがスケールの大きなクラシックの格に負けていなかったし高橋ならではの華やかさと艶も感じられたから。

nao さん、むしろいろいろな曲に挑戦してきた(プログラムの幅が他の選手と比較して半端ない)高橋と久々のクラシックは新鮮だし面白いのではないかと思います。

それより、ボルト除去の手術の影響の方がやや心配。どうか最小限におさまってほしい。
体さえ整えば高橋のクラシックがかなり楽しみ♪~


映画の件ですが訂正させていただきますね。
フェルメール役のコリン・ファースが出演していた映画は真珠の首飾りではなく「真珠の耳飾りの少女」が正しいです。
あ、ご紹介の「アナザー・カントリー」、DVDの在庫ありそうなのでいずれ借りる予定です。


mimuさん

こんばんは。
なるほど~
mimuさんはじめみなさんのコメントは(伝説の方でも)、
説得力と深い愛を感じて、私などまだまだうわべの高橋論だな、、、
と感じてしまいます。

クラッシックもとても楽しみですね。
他の選手と比べる気はないけど、
逆に高橋の素晴らしい演技が際立つ結果になるかもしれませんね。

ボルト除去の手術、、、ホントですね。


映画「アナザー・カントリー」はBLのお話です。この手の話が嫌いだった
やめた方がいいかも。。。コリン・ファースは主人公の親友の役だったと思います。
昔のブリティッシュ・ボーイが素敵なのですよ。
もし、この手のお話が好きなら長く語ります。。。

naoさん、こんばんは。
また来てしまいました。

久々のクラシックも悪くないと思いますが、ただ来年の世界選手権、フランスのニースなのですよ。
フランス人は一般的にちょっとひねくれていて、ありきたりのものを嫌います。正統派のものは素晴らしくても、つまらないとか退屈とか言いがちなのです。
高橋選手がやる以上、音楽がクラシックでもありきたりのものにはならないと思いますが、フランスでやる時にわざわざクラシックを持って来なくてもと私は思ってしまいます。

お客さんの反応は大事ですからね。特に高橋選手は、観客の反応に応えて自分もノッてどんどんいい演技をする、ジャッジよりもテレビカメラよりもお客さんに向かって演技する人ですから。その観客とのキャッチボールが上手く行けば、ジャッジにもテレビカメラの向こうの人々にもそのプログラムの世界が伝わることを知っているからだと思いますが。

クラシック音楽でももちろんそれは充分に可能ですが、フィギュアの場合同じような曲がよく使われますよね。彼のラフマニノフとかチャイコフスキーのロミオとジュリエットとか中々のものでしたが 、あまりに他の人もよく使うものでその辺がちょっと引っ掛かります。

その点eyeは選曲もオンリーワンでしたね。 
ただよく知られていない曲を使うのも、理解されにくく冒険だったかなと思いますが、これは上手くいった例でしたね。
 
まだまだ語りたいことがあるのですが、今日はこの辺で。


erdbeereさん
こんばんは。

>フランス人は一般的にちょっとひねくれていて、ありきたりのものを嫌います。
なるほど~海外生活の長いerdbeereさんらしいご意見ですね。
そういえば、先日もこんな話題になりましたね。(木に登るのコメント)
 
クラシックから比べたら私が正統派だといった「道」は斬新だと思うし。。。
大体、私の選択にはクラシックは思いつかなかった。

>観客の反応に応えて自分もノッてどんどんいい演技をする
ですねぇ
フランスの観客を乗せるようなプログラム。。。

>その点eyeは選曲もオンリーワンでしたね。
そうでした。
あの解説も「変わった選曲だけど、高橋が滑るとそれは素晴らしいものになる」
って、言ってましたね。

また、続き期待しています。

naoさん、おはようございます。
高橋選手はモロゾフ時代もタラソワ時代も必ずSP,FPどちらかはクラシックを使っていました。私はラフマニノフの頃から彼にはまったのですが、エレガントで繊細な体の動きにひきつけられました。海外の解説でも「表現力がありクラシカルな滑りをする」と言われていましたし、本来とてもクラシックが似合うスケーターだと思います。
個人的にはクラシックなら、シンプルな美しい旋律のものを使ってほしいと思います。あまりガチャガチャした曲や壮大な曲よりも、シンプルな曲のほうが彼の美しい滑りが引き立つと思うので。
後は彼が本当に好きな曲で滑ってくれればそれでいいです。大輔さんの場合、振付師のほうが「彼にこれを滑らせたい!」という気持ちが強すぎて本人はいまいちテンションが上がりきらないままやっているケースがあるので(スワンやマンボはそんな感じでした)。

naoさん、連投しつこくてごめんなさい。

リレハンメルと長野の銅メダリストのキャンデロロが、自身の日本人ファン向けのメッセージの中で、高橋選手の今季のプログラムは昨季に比べてつまらなかったと言っていました。
これは彼の好みの問題ですが、いかにもフランス人らしい辛口コメントです。

それだけeyeと道のインパクトが強かったのでしょうが、いいものをやってしまうとその後が大変ですね。
道はnaoさんがおっしゃる、コアな高橋ファンには可愛すぎて爽やかすぎて物足りないというのはよくわかります。ただ競技会のプログラムとしては、理解されやすい伝わりやすいという意味で、非常に強いプログラムでした。

道化師のマイムの部分、本当に遊んでいるようなステップ、楽しくてやがて哀しきといったストーリー性。トリノでは4Fの回転不足と両足着氷以外ほぼノーミスで、3F-3Tの着氷のつまり?あれはいいんです。あれはオットットっていう道化師の演技の一部なのでは(笑) 
もともとは前年のプログラムで、狙っていたわけではないのにイタリアのご当地物、お客さん総立ちの完璧なストーリーでした。

ニースでもシニカルなフランス人を総立ちにさせてほしいものです。
その前に身体を万全にしてもらわないと、今年は時間もないですしね。
新プログラムを楽しみに待ちたいと思います。

kama-shoさん
こんばんは。

>エレガントで繊細な体の動きにひきつけられました
そうなんですねぇ。
それは、見てみたいですね。
今の高橋君だったらもっと素晴らしいかも。。。

>シンプルな曲のほうが彼の美しい滑りが引き立つと思うので
分かります。
確かにそうだな、、、と感じます。
少し付け加えるなら、美しさとともに演技の独創性も欲しい
と思います。

>彼が本当に好きな曲で滑ってくれればそれでいいです
結局、皆さんここに落ち着くとは思いますけど。。。
レベルの高い高橋ファンの方にとって、黙ってはいられないテーマなんですよね。

>「彼にこれを滑らせたい!」という気持ちが強すぎて本人はいまいちテンションが上がりきらないままやっているケースがあるので(スワンやマンボはそんな感じでした)。
そうそう!
ただスワンは彼にしか踊りこなせないプロでしたし、見たことがないフュギュアという
何かの壁を壊したようなプロだったので、価値はあったと思いますが、
マンボに関しては全くの同意見です。見てる方も疲れる気がしました。

ホントに興味深いです。ありがとうございました。

erdbeereさん
こんばんは。
全然、しつこくないですよ。

>今季のプログラムは昨季に比べてつまらなかったと
(どこかの解説者も言ってました。ここまではっきりとは言わなかったのですが。。)
はっきりしてますね~!

>道はnaoさんがおっしゃる、コアな高橋ファンには可愛すぎて爽やかすぎて物足りない>というのはよくわかります。ただ競技会のプログラムとしては、理解されやすい伝わり>やすいという意味で、非常に強いプログラムでした。
そうなんです!まさに、そうです!

私の好みで言うと、もうご存知だと思いますが、
ほとんどerdbeereさんの意見と同じです。

クラシックを滑っていても高橋君のそれは、他の選手より違ったものになるとは思います。
でも、私が衝撃を受けたのは「バチェラレット」や「eye」だったから。
このあたりの演技を超えられるのはクラシックでは難しいのではと思うのです。
そして「道」のように、何か役になりきりストーリーを感じさせてくれるようなプロも
クラシックの曲ではどうかな?
しかし、すべては好みです。

最後はkama-shoさんのご意見のように
「彼が本当に好きな曲で滑ってくれればそれでいい」
ということで落ち着くのかな?
それと体ですね。彼は忙しいい人だから。。。

ということで新プロ楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/51898518

この記事へのトラックバック一覧です: 新プログラム:

« 伝説は悲劇に彩られ | トップページ | 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ