動画

お勧め

お勧め2

« ギャップ | トップページ | 木に登る »

2011年6月 6日 (月)

「Eye」へのオマージュ

前のブログで「道」からその表現力、演技力が変わったと書きました。

それは、私が話すまでもなく高橋ファンの周知するところでしょう。

それはこの時期の2009‐2010「Eye」にも言えることだ。

ブログ“妄想の続き”では2008「Eye」をアップしたが、

それは、格別の素晴らしい演技だった。

「尖ったナイフ」とはまさに、この演技を一言で表現している。

観客を威圧するような、触ったらタダではすまないような、

それでいて、目を背けることが出来ない演技だった。

悪い男の魅力と色気を存分に魅せてくれた。

さぞこれを生で見た方は満足されたに違いない。

羨ましすぎ。。。

この時期の高橋を振り返ると、体がキレキレで、その迫力ったら半端ない。

これでスケート靴を履いているとは、到底信じられない演技である。

そして復帰した2009‐2010「Eye」は

少し、いや大きな変化とともに私たちの前に現れた。

あの触ると危ないという鋭さは、少し影をひそめたが

その代わりにより一層の男の色気を増した新しい「Eye」だ。

言うまでもないが、、、

語りつくされたと思うが、、、

進化した素晴らしい2つのステップを目にすることとなった。

ジャンプももちろん素晴らしいが

この「Eye」は何と言ってもこの2つのステップに尽きる。

ストレートラインステップとサーキュラーステップ。

素人すぎてこの違えさえもよくわからないが、、、

素晴らしすぎる。

あんなステップは彼しか踊れはしない。

次の一歩が予測できないし、あの素早い動きは驚異的。

よくあんなに体が動くよね。

それもすべての動きが音楽を追っているのもビックリする。

足の素早さとともに上半身のしなやかな動き、そして指先までも神経が行き届く。

その全てにわざとらしさがない。

思うに彼の動きは頭で考えて動くのではなく、

音を聞いて、体が勝手に動く(躍る)ような感覚じゃないかな?

そしてなりきっていた、エロ男爵(笑)。

鋭さよりも優しさに。

それでいてちょっと冷たい男だ。

サーキュラーステップ前のあのエロい微笑が大好きだ。

体回転させながら、首回すとこも大好きだ。

ごめん、全て好き。一瞬も嫌いなとこがない。

怪我前にあれだけ滑っていたのだから、体には相当なじんでいたような気がする。

このプログラムも高橋とともに伝説になるに違いない。

多分、皆様ご存じだろうが、懐かしんでください。

「氷上では彼には、「傲慢さ」さえ感じるんじゃないか?」

これ以上のほめ言葉がある?

出来ることなら、もう一度この振付の宮本賢二氏と組んだプログラムを見てみたい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

最近は来てくれる方のリピート率が上がったのが嬉しい。

何か気に入ってくれているのかな?

もし気が向いたら、コメントいただけたら喜びます。もしくは、クリックでも。。。

すいません、ちょっと疲れ気味なもので、、、

さすれば木にも登りましょう。

16216d39db47aaaf8ace2ee53002359c

皆様、ありがとうございます。

« ギャップ | トップページ | 木に登る »

コメント

いつもブログ楽しみに拝見しております。私は2005年頃から大輔さんにハマり、応援しています。自分には文才がないので、こうして大輔さんについて熱く語ってくださるブログを見るのが楽しみなんです。これからも是非続けてください。またちょいちょいコメントさせていただくかもしれませんが、よろしくお願いします。

初めまして。最近こちらを楽しく拝見しています。私はトリノ前から高橋選手が好きでしたが、バンクーバーシーズンに自分用のPCを買い(息子に大ちゃん情報がいっぱい分かると言われて)知れば知るほど一層ファンになりました。昔からフィギュアは好きで、カタリナ・ビットや、スコット・ハミルトンも生で見た世代。あの頃は、観客も少なくてチケット取りに奔走するなんて、ありえなかった。そして、まさか日本人でこんなに魂を揺さぶられるような演技を見せてくれる選手が現れようとは思いもよりませんでした。ファンだから、こんなに感動するのかと思いきや、海外実況解説では絶賛され、かつての名選手からも、いつまでも見ていたいと言われる。うれしいです!   今オフシーズンで、情報の入らない中、寂しさを埋めてくださるのが、こちらの様なブログです。読ませていただき、うんうん、分かる、そうだよね!と納得しては、幸せな気分にしていただいてます。昨年からファンになられたのに、深い鑑賞と考察は素晴らしいですね。これからも、楽しみにしていますので、よろしくお願いします!!

naoさん、はじめまして。tomatoと申します。
いつもほんわかした気持ちで読ませていただいております。

私が、高橋さんに夢中になったのが2009年グランプリファイナルの「eye」でした。
それからというもの、naoさんと同じようにネット動画を何度も何度も見返す日が続
きました。なぜでしょう・・何度見ても飽きないのです。もしかして、私がおかしい?
と思ったりもしましたが、高橋さんを応援されている方のブログを巡ると、私と同じ
ように感じている方が多くて驚きました。

naoさんのブログも「わかるわかる!」「うんうん」と頷きながら共感し、楽しませて
貰っております。海外の実況を聞いているとなぜ自分が高橋大輔の演技にひき込
まれるのかがわかり、これまた楽しいのです。これからもブログを楽しみにさせて
頂きますね。

はじめまして。早速コメント増えましたね。
私も最近こちらを知り、私と同じ妄想を抱いている人が世の中にいるのだとニヤニヤしながら読ませていただいています。

私は長年のフィギュアスケート(それも男子シングル)のファンで、これまでにたくさん好きなスケーターはいましたが、歴代で一番好きなスケーターが日本人の選手になる日が来るとは、夢にも思っていませんでした。
高橋選手は彼が世界Jrのタイトルを取った頃から応援していましたが、現在の彼は当初の私の期待を遥かに超えた存在になっています。

eyeは私にとっても彼のspの中の一番です。スワンもマンボも好きですし、絶対彼にしかできないプログラムではありますが、見ていていっぱいいっぱいになってしまうところがあって・・・
eyeはなんかこう余裕があるんですよね。全体的に滑らかで、お洒落で小粋で華麗に踊る彼の魅力が見事にちりばめられた傑作だと思います。

彼のスケートを語らせたら止まらない自信があるので(笑)またお邪魔すると思います。

naoさん、こんにちは。
一週間ぶりに来てみれば、ずいぶんにぎわってるじゃないですか!やはり大ちゃんネタはてっぱんですね。それと、naoさんの文章には誹謗中傷がないのがいい。
 ひいきの選手をほめようとして、意図せずに他選手を下げてしまうことは仕方ないですが、悪意を持ってライバル選手をこきおろしているブログを読むとかわいそうになりますから。こきおろされている選手がではなく、擁護されてる選手が、です。
 あ、ちなみに大ちゃんネタ以外も歓迎です。
 この写真、一番好きな写真です。この表情!(西岡アナ?)もはやフィギュアスケーターを超えてますよね。
確か、おととしの全日本のときの新聞記事で(まさにeyeのときですね)、カメラマンの方が「高橋はいつシャッターをきっても画になる」とコメントされてたのを覚えてますが、思えばすごい褒め言葉ですよね。
去年の今頃、大ちゃんだらけのあまりにも幸せなオフシーズンを過ごしていたので、今年ファンはちとさびしい。また氷上の姿が見られるときまで、皆で楽しく語り合いましょう

naoさん、はじめまして。
このブログ村は浅田真央ファンのブロガーさんが圧倒的に多く、高橋ファンのnaoさんの出現はうれしい限りです。
さて、大怪我を挟んで2年がかりのeyeはほんとうにステキな魅惑プロ。
その時々の衣裳・髪型によってもなんでこんなに印象が違うんだろう。
個人的に好きなのは鋭い切れ味の2008・DOI、フェミニンな2009・GPF、完成版とも言える優美なバンクーバーOP。
彼の演技はイマジネーションをよりよく膨らませてくれるし余韻もたっぷり。静止した写真からも雰囲気がよく伝わりますよね。オーラと華やかさは当代随一では~

nao さん、これからもよろしくお願いします。

再びおじゃまします。

映画の話ですがひと月くらい前「英国王のスピーチ」を観ました。
英国王役のコリン・ファースを見たときわからなかったのですが6年くらい前の「真珠の首飾りの少女」の中のフェルメール役とは驚きでした。この映画も観てるのですがいかにも気難しそうなクセのある画家を見事に演じてました。
そして「シングルマン」(DVD)、心に沁みました。

これからも映画の記事も楽しみにしております。

kama-sho様
こんばんは。
コメントありがとうございます。

2005年頃からなんて、、、素晴らしい。
そんなに早くからとは羨ましいです。
先輩と呼ばせてください。。。

私はそんな文才はないと思ってますが、、、
読んでくれる方に共感していただけたら、
そして楽しんでくれたら、とてもうれしいです。
またちょいちょいコメント、よろしくお願いします。

pororimama様
こんばんは。
コメントありがとうございます。

トリノ前からですか~凄いなぁ。。

カタリナ・ビット、、覚えています。
「カルメン」とか雰囲気が良かった。
生でとは素晴らしいですね。
あのころは、彼女らと比べると日本人は見劣りがしてましたものね。
私もこんなに夢中にさせられるスケーターが出てこようとは思いもしませんでした。
彼は天才ですよね。今まで見たことがない演技ですもの。

海外実況シリーズは嬉しいですよね。
私も大好きです。
高橋君がほめられると自分のことのように喜んでしまいます。


>幸せな気分にしていただいてます
最大のほめ言葉です。ありがとうございます。

>深い鑑賞と考察は素晴らしいですね
いやいや、そんなこと全然ないです。
ただ、思いついたことを書いてるだけです。

多分この思いは自分だけじゃないのではという思いはありましたが
皆様のコメントで確信に変わりました。

これからもpororimama様に共感してもらえるような
ブログを書きたいです。
でも、あまり期待しすぎはなしでお願いしますね。(汗)
これからもよろしくお願いします。

tomatoさま
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>いつもほんわかした気持ちで
ホント?嬉しいです~。
です。ます。調じゃないので、強い感じを持たれてるかもって思っていました。
あ~でも、自信がないときあるしなぁ。。。
ともかく、ほんわかした気持ちになってくれたら
書いた甲斐もあります。

やっぱり「eye」はいいですよね。
他の方のコメントに書いたのだけど、私の影の1位。
私も何度観たか、分かりません。
そして、高橋中毒は大量にいることは間違いないです。
海外の解説者はいいこと言いますよね、大好きです。

ブログに共感してくれて、嬉しいです。
また、ほんわかした気持ちになるようなブログを書きたいと思います。
これからも、よろしくお願いします。

erdbeere様
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>私と同じ妄想を抱いている
うわ~、ホント?やっぱ、妄想するんですね~
ちょっと、これ書くの不安があったので、(私だけじゃないのかって、、、)嬉しいです。

>高橋選手は彼が世界Jrのタイトルを取った頃から
そうなんですか!凄い。
そのころから、やはり違いましたか?
長年、フュギュアスケートを見てこられたberdbeere様だからこそ
語れることは沢山あるでしょう。

>全体的に滑らかで、お洒落で小粋で華麗に踊る彼の魅力が見事にちりばめられた傑作
 
まさに、そうです。この文章使いたかったぁ。

erdbeere様はやっぱり、語りだしたらと止まらない方でしたか。(笑)
またぜひおいでください。
どうぞ、よろしくお願いします。

miyukiさま
こんばんは。
そうなんですよ~嬉しい悲鳴とはこのことです。
大ちゃんネタのおかげですね。

>誹謗中傷がないのがいい
そう言っていただけて、嬉しいです。
多少それは、心がけてはいます。
でも、高橋の場合比べてどうというレベルじゃないってことも言いたいのです。

この写真いいですよね~!
この「eye」にはいい表情の写真が多いかも。。
>「高橋はいつシャッターをきっても画になる」
ホントに誰からも認められてますね。
そして、カメラマンが羨ましいぞ!


>去年の今頃、大ちゃんだらけのあまりにも幸せなオフシーズンを過ごしていた
おお、これはまた羨ましすぎるお言葉です。

そうですね、この寂しさを皆で乗り切りましょう。
また、よろしくお願いします。

mimu様
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>浅田真央ファンのブロガーさんが圧倒的に多く
そうなんですか?
こんなにも高橋ファンが沢山いるのに。。。

>鋭い切れ味の2008・DOI、フェミニンな2009・GPF、完成版とも言える優美なバンクーバーOP。
>彼の演技はイマジネーションをよりよく膨らませてくれるし余韻もたっぷり
ホントにその通り。
この文章、載せていいですか?(笑)
mimu様の「eye」についての文章は、
私より全然素晴らしい。。。

まったく、みなさん相当な熱い語り手ですね。


映画の件。
「シングルマン」は大好きで、DVDは予約して手元においてます。
ところで、コリン・ファースですが、、、
「真珠の首飾りの少女」は知りませんでした。
今度見てみたいと思います。
あと、もう20年以上前になる作品「アナザー・カントリー」という
耽美な映画にでており、若かりし彼の姿を見ることが出来ます。
やや影のある演技が印象的です。
この映画も大好きなので、DVDを手に入れなくては。。。

映画ネタもありですかね?嬉しいけど。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/51874051

この記事へのトラックバック一覧です: 「Eye」へのオマージュ:

« ギャップ | トップページ | 木に登る »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ