動画

お勧め

お勧め2

« 心躍る才能と出会う | トップページ | 「道」から変わった? »

2011年5月22日 (日)

心躍る才能の持ち主

私が今一番心揺さぶられている才能の持ち主である高橋大輔。

彼を語る時「バチェラレット」は欠かせない。

私のフィギュアスケートの概念までもくつがえしたと言ってもいいかもしれない。

分かりやすいドラマチックな演技も好きだが

この情念を表現したようなスケートには単に好きというのではなく、

衝撃を受けた。

これは動画を毎日何度も繰り返し見た。何度見たかわからない。

ただ、どうしようもなく見たい。理屈抜きで。。。

怪しげな色気を感じるとこも大好きなんだよねぇ。

ホントに大好き。

(頭で考えて見るようになると、)

スケート靴を履いてこんなに踊れるのかとも思った。

彼はジャンプももちろん素晴らしいけれど

ダンスだけでも十分、観客を魅了できる。

曲に合わせた華麗なステップと同時に上半身と頭部、そして指先までも

が美しく動く。そしてその表情。。。

どこもかしこも一枚の絵になるのではないだろうか?

(表情に関しては「道」から劇的に変わってくるのですが、、)

彼の場合、リンクは劇場であり、舞台を見に来た観客のために

曲と衣装によって役者になりきる。

振付の宮本氏にも敬意を、賛辞を贈りたい。

彼は高橋の魅力を理解し、最大限に表現できる方だと思う。

「eye」も大好きだ。

来季のプロはどうなんだろうか?

ただ、○○の様なという表現はしたくない。

見たことのないプロを見せてほしいな。

(前からバチェのこと詳しく書きたかった。

でも全然ダメですね、うまく書けない。ただ理屈なく好きなんだと思う。)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

« 心躍る才能と出会う | トップページ | 「道」から変わった? »

コメント

こんばんは、今日はとても寒いですね。
はい、バチェラレットわたしも大好きです。っていうか、大ちゃんのこのEX見るまで、ビョークは
ただ、暗いという印象しかありませんでした。考えてみれば、フィギュアスケートを入り口に
ずいぶん色々な音楽や映画や本を知ったような気がします。
たとえば、サラマイヤーが不思議な曲ですべってるのを見て
「コレラの時代の愛」という映画を知り、原作の本も読んで、といった具合です。
naoさんはずいぶん多趣味で、しかも知識もお持ちのようでうらやましいです。
徒歩圏内にシネコンがあるので、映画はよく見ますが、お芝居となると何年前が最後かなあ 笑
ところで萩尾望都。もしや同世代かな?
わたしもリアルタイムでベルバラ読んだ世代です。笑

miyukiさま
またおいでくださり、うれしいです。
ブログ書くのは勢いとエネルギーがいります。
自分で読み直すのは怖い。。。
だからコメントいただくと安心します。
私もビヨークはそんなに好きではなかったです。
でもこの曲はよく聞くようになりました。
確かに、フィギュアから広がる世界とかありますね。
ピアソラも近くにコンサートがあったので行ったりしました。
(これも高橋君ですが)

miyukiさんがおっしゃるように私は多趣味なのかなと思いますが、
やはり何かをきっかけに広がったのかな?とは思います。
でも深い知識はないかも。。。あと、器用貧乏。

お芝居って、時々凄い感動があって、
それはいつ会えるのかわからないんだけど、その低い確率のために
劇場に足を運ぶわけです。
それはやっぱり生の空気感なのかな?
いいですよ、お芝居。

ベルばら?もちろんリアルタイムです。
同世代かもですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/51743169

この記事へのトラックバック一覧です: 心躍る才能の持ち主:

« 心躍る才能と出会う | トップページ | 「道」から変わった? »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ