« 思いついたまま | トップページ | 高橋大輔のコラム情報 »

2011年5月18日 (水)

サッカー海外組

Imagescaa6pek0

各リーグ(各国)で優勝チームが決まっていってますね。

その中にあって、ドルトムント。香川真司。

ドイツ(ブンデスリーガ)で優勝を決めました。

先日の最後のホームゲームの日にラスト何分か出場して

シンジコールを受けたのは、本人じゃなくともジーンときました。

私も日本にいたときは全く知らなかったけど

ドルトムントに移籍してからの凄い活躍は報道され、日本中に知れ渡しましたよね。

その時の移籍金は4000万ほどだったというから

ドルトムント最大のお買い得と言われているらしい。

足の指の骨折さえしなかったら、完全に今回のダントツMVPだったが

それでも準MVPに輝いた。いかにすばらしい活躍だったか。

Photo_2

それと前出の宮市亮は、アーセナルのベンゲル監督が呼び戻すといってるらしい

じゃないの!ホントに?そしたら凄いね。彼の場合、特別枠だから大変だけど

ビッククラブチームがどうしてもと特別枠使ったら、大いに可能性はあるわけだもの。

彼のいるオランダのフェイエノールトは10位だったかな?

宮市が入る前はもっと下位の争いだったが、彼の活躍でこの位置まで来たと

言われているから、大した18歳だよ。

彼のタテへの突破は、観客には魅力的だったみたいだ。

あの大きなスタジアムにおいてタテへ素早く駆け上がるのは、

分かりやすいし、盛り上がるんだろうね~

長友のイタリア(セリエA)のインテルは2位。

連覇できず、残念だったけど、、、

彼はちゃっかりレギュラーをつかんでしまったみたいだね。

評価ももちろん高いし、彼自身のイメージもいい。

あの大阪人のノリが海外にハマっている気がする。

日本のイメージにとっても、インテルの日本へのイメージにとっても彼は重要な存在になった。

岡崎のチーム、シュツットガルト(ブンデスリーガ)は2部転落の危機を乗り越えました。

なかなか点が入れられずイライラしたが、良い動きだったから

周りからの信頼もだんだん良くなった。

最後の2連続ゴールは素晴らしかったね。

Tumblr_ljwja2lyph1qzlbzyo1_400 

ウッチーのシャルケ(ブンデスリーガ)はチャンピオンズリーグでは、4強に入ったものの

自国のリーグではふるわなかたね。

彼の評価はそれほど高くはないけど、完全にレギュラーだから

来期にもっと活躍できると思う。ラウルといいコンビで点を取るだろう。

他にたくさんの海外組がいるけど

彼らの活躍は日本に、私たちに元気をくれていることは間違いない。

« 思いついたまま | トップページ | 高橋大輔のコラム情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー海外組:

« 思いついたまま | トップページ | 高橋大輔のコラム情報 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ