« フィギアスケート | トップページ | フィギア四大陸選手権in台湾 »

2010年11月18日 (木)

「シングルマン」

私にとって今年一番の映画です。

衣装、美術や映像の素晴らしさ。

ストーリーの練り上げられた繊細さ。

縁者の上手さと美しさ。

どれをとってもセンスがいい。

特にモノクロ、セピア、かすんだピンクなどの映像は

どこを切り取っても絵になるに違いないだろう。

後でパンフを読むと過去のモノクロ、

死のうと決めて見える風景はセピアや褪せたピンク

そして再び生きようとする鮮明なカラーなんだとか。

しかし、美しい絵である。

« フィギアスケート | トップページ | フィギア四大陸選手権in台湾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シングルマン」:

« フィギアスケート | トップページ | フィギア四大陸選手権in台湾 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ