« 習字 | トップページ | 海のエジプト展 »

2009年8月30日 (日)

「向日葵の咲かない夏」

「向日葵の咲かない夏」を最近読みました。

文庫になってから時間もたってますから、話題としては遅いと思うけど。

覚書として。

まず序章の友達が死んでクモになるところから、え~となったのに

ラストに行くまでの間に話が凄い展開をして一気に読み終えました。

大体、ぼくという主人公の一人称で書いてある文章で

読んでいる者はほとんどこの主人公に思い入れがあるだろうに

この裏切られ方はどうだろう。

最近の小説のには、ジャンルというものを付け難くなっているようだ。

それは多分、私たち以降の漫画世代からなのではないかな~

と勝手に解釈しているが。。。

韓国でも日本の小説が受けていると聞くけど

こういった小説は漫画とともに日本の文化の特徴だと思う。

と勝手な思い込み。

« 習字 | トップページ | 海のエジプト展 »

コメント

こんばんは!

最近は映画に浸り過ぎてすっかり本を読まなくなってしまいました。
しかも老眼でもあるし。

不思議な感じがする本ですね!

ぶたおさん
コメントありがとう!
今度読んでみてくださいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「向日葵の咲かない夏」:

« 習字 | トップページ | 海のエジプト展 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ